男性が穴にこもる理由、こもる期間、その対処法を徹底解説!

まずは全ての男性を代表して一言。

Fuji

男性の穴ごもりについて知っていてくれて、ありがとうございます

正直なところ男性自身には「自分が穴にこもっている」という実感がなかったりします。そしてその事で女性を傷つけている事にも、当然気が付いていません。

そんな自分勝手な男性にただ怒りを向けるのではなく、理解し、歩み寄ろうとしてくださっている女性には本当に感謝しかありません。

 

男性の穴ごもり(殻こもり)を知っている事、そしてそれに上手に対処する術を持っている事。これらはあなたの恋愛を成功させるのに大いに役立ってくれます。

彼氏が途切れない上手な女性を「恋愛上級者」なんて呼ぶ事もありますが、男性の穴ごもりについてきちんと理解している女性こそ「恋愛上級者」と呼ばれるべきです!

Fuji

男性の穴ごもりについて理解して、素敵な恋愛生活を送りましょう!

男性が穴にこもる理由を知っておきましょう

まずは男性が穴にこもる理由から説明します。

正直、女性には理解しがたい部分も多いような内容かと思います。

しかしこれを知っておく事で

You

ああ、男ってバカだな

と冷静に受け止める事が出来るようになります。

理解できなくても構いません。知るだけ知っておいてください。

 

では早速、男性の穴ごもりに大きく影響している「男性ならではの2つの特徴」である

  1. 男性は「自分の力で問題解決をする事」を1番大事にする
  2. 男性は1つの事にしか集中出来ない

について詳しく見ていきましょう。

1.男性は「(自分の力で)問題解決をする事」を1番大事にする

はるか昔、まだ人間が狩猟を中心に生活していた時代において

  • 男性は外に出て獲物を狩る
  • 女性は家を守り子を育てる

という生き方をしていました。

そのため男性は「最悪1人でも狩りを成功させる程の、問題や課題をクリアする能力」が発達し、女性は「村から孤立してしまわないようにコミュニケーションや人間関係を大切にする能力」が発達してきました。

これらは形を変えつつも、現代の男女にも引き継がれています。

男性は

Man

問題を解決する事が人生において最も優先するべき事であり、そこで人間の優劣が決まる

と本能的に考えています。

そのため解決しなければならない問題やトラブルに直面した際には、それへの対処に全エネルギーを注ぎこみます。

例えば

  • 親族がトラブルに巻き込まれた
  • 仕事でミスを起こした
  • 彼女が怒っている
  • ドライブ中に道に迷った
  • パソコンの電源が付かない

このようなものが現代の「解決しなければならない問題」にあたります。

こういった問題が発生した際に

Man

何よりも優先して課題解決をしなければ!

と感じてしまうように男性の脳は出来ています。

さらに面倒な事に、男性は「問題を1人で解決できる人が優秀な人、そうでない人は無能」と考えます。

そのため、誰かに相談したり手伝われる事を非常に嫌う傾向があります。

これを理解していないと

You

それ、私得意だから手伝うよ!

と気を利かせたつもりが「自分で出来るから大丈夫だって!」と逆に反感を買ってしまう事もあるでしょう。

男性にとって「手伝うよ」はねぎらいの言葉ではなく「お前みたいな無能じゃあ問題を解決出来ないだろ?はっきり言って役不足だから、私がやるわよ」と侮辱されているのと同じなのです。

大げさに聞こえますよね?でも、全く大げさじゃないんです!

2.男性は1つの事にしか集中出来ない

これまた男性のやっかいなポイントです。

男性の脳はマルチタスクに対応していません。

狩りをするのに「ああ、そういえば家族の問題も抱えていたなあ」などと余計な事を考えていては生死に関わります。

とにかく目の前のただ1つの大問題を解決する事に全エネルギーを注ぎます。

この「ただ1つの問題に全エネルギーを注ぐ」というのが穴ごもりの正体です。

男性が向き合えるのは「ただ1つ」なんです。普段の頭の中が

  • 家族の事:50%
  • 仕事の事:30%
  • お金の事:20%

だったとしても、仕事で問題が発生した瞬間

  • 家族の事:1%
  • 仕事の事:98%
  • お金の事:1%

くらいになってしまいます。

何もかもを忘れて、ただ目の前の問題解決をしている時に

You

私の事大事じゃないの?

なんて文句を言われた日には

Man

ああ、また解決しなければならない問題が増えた…

と、げんなりです。

それどころか、1つにしか集中出来ないのに

You

私の事ももっと大切にして

などと迫られ続ければ

Man

ふざけんな!もうどうでもいいよ!

と大爆発が起こりかねません。

男ってつくづく馬鹿でで自分勝手ですよね…

男性が穴にこもる期間とその対処法

では、穴にこもってしまった男性に対して女性はどう接するべきなのでしょうか。

考えるべきは「どうやってこもらせないか」ではなく「こもってしまった時にどうするか」です。

男性が穴にこもる期間は?

これは簡単。

「その問題が解決したら穴ごもり終了」です。

基本的にはこれ以外の解決方法はありません。

穴にこもる期間を短くする方法はありませんが、不当に長くこもらせない方法は「穴にこもる事を認め、下手に口を出さない事」です。

男性の脳を100%問題解決に向けさせ、1日でも早く問題を解決させる。これに努めるしかありません。

男性が穴にこもった時の対処法は?

ベストアンサー:放置

男性が穴にこもった際の女性側の対処法ですが、最も良いのは『放置する』です。

声をかけるとしたら

You

忙しくて大変そうだね。何か出来る事があったらするし話聞く事も出来るから、何かあったら声かけてね。

You

落ち着くの待ってるから、ひと段落したらご飯一緒に行ってくれたら嬉しいな

といった感じで「穴にこもるのはOK。でも、終わったらちゃんと構ってね」という事を伝えるようにしましょう。

“気晴らしに~”はむしろNG

「なんで構ってくれないの!」が絶対アウトなのは分かるかと思いますが

You

気晴らしに遊びに行こう!相談してよ!

も同様にNGです。

何をしていたとしても男性の脳は問題解決に向けて動き続けています。

遊びに行って楽しんでいるように見えたとしても、ふとした移動時間や手持無沙汰な瞬間には、必ず問題の事を思い出します。

You

せっかく来てるのに、なんでうわの空なの!

と言われても、思い浮かんでしまうのだから仕方ありません。

自ら「ストレス解消に出かけようかな」とスポーツや買い物に行く事はあるかもしれません。

しかしそれも「問題を忘れ去るための行為」ではなく「その問題により集中して取り組むために、血行を良くしたり一瞬のリフレッシュをしたりする」程度の意味合いです。

「私とは出かけられないのに、一人だと出かけられるの?」と文句を言いたい気持ちは分かります。

一緒に出掛けても上の空で話を全然聞いていなかったり、考え事ばっかりしていたり、楽しそうでなかったり。そんな態度でも許してくれるなら良いのですが、そうでないのなら「そりゃあ一人がいいさ。ゆっくり考え事しながら歩けるし」となってしまいます。

男ってつくづく馬鹿でで自分勝tt(略

男性は伝え、女性は自立するべき

男性が穴にこもる事自体は、結構どうしようもない事です。

「女性がコミュニケーションや人付き合いを大事にする」といったのと同様で、人間としての習性的な部分ですので、変える事も非常に難しいと言えるでしょう。

しかし「そういう習性がある事」「それによって女性は不安になり、寂しくなる事」を理解する事で、男女付き合いは大きく変わります。

Man

男性は

「今は問題解決に集中してしまう。でも君への気持ちが無くなった訳ではないし、これが終わったら必ず埋め合わせをする」

と伝える事が出来ます。

Lady

女性も「嫌われたのかも、自分に興味がないのかも」とマイナス思考にならず、その時間を自分や友人のために使う事が出来るようになります。

男女の考え方の違いをきちんと理解したいなら

男性の穴ごもりについて色々書いて来ました。

実はこんかいの記事の大半は「ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール」という本の受け売りです。

「男女の考え方の違いやその対処法、効果的なアプローチ」について書かれた本なのですが、これがとにかく素晴らしい。

私は男性ですが「自分が穴にこもる」という事について意識した事はありませんでした。

この本を読んでいく中で「ああ、あのとき自分は穴にこもっていたんだ。あれは彼女をとても不安にさせていて、だからフられてしまったんだ」等と気づかされる事が多々ありました。

自分の事をよく知り、異性の事をよく学ぶ。そのためには超絶お勧めな1冊です。

Fuji

ステマどころかめちゃくちゃダイレクトマーケティングですが、世の中の全ての男女が読むべきと断言出来ます。

是非、お手に取ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)