【Feelcycle】BSL各レッスンの強度と口コミを紹介!

BSL(Leg & Hip)は

  • 脚に効かせたい。
  • 気持ちよく漕ぎまくりたい。

そんな願望、欲望を叶えてくれるレッスンです!

レッスン強度

全体的に強度は高め。

BB2のキツめ~BB3軽めくらいの強度があります。

  • レベル5:BSL-Hit7
  • レベル6:BSL-Hous1、BSL-Rock1、BSL-Hit4
  • レベル7:BSL-Hit5、BSL-Hit6

※レベル1~9の9段階評価

※詳しいレッスン強度表は↓の記事を参照してください

Feelcycle全レッスン強度一覧表!強度の目安や感想も。

各レッスンの詳細

BSL-Hit4(レベル6)

一言で表すと「重い」レッスン。

6曲目のスクワットや、漕ぎながらのダンベルタイムなど、とにかく重い負荷をかけていきます。

レッスンリリース後には「今までで一番キツかった!」という感想も相次ぎました。

下に続くBSL Hit4~6はいずれもかなりの高強度。

出来ればBSL-Hit7やBSL Rock1あたりで身体を慣らしてから受けてみる事をオススメします。

BSL-Hit5(レベル7)

ハイスピードで「これがLegだ!ぶっとばし続けるよ!」という感じ。

基本がダブルタイムだと思っておいた方が良いです。

スタンディングファストもガンガン出てますし、初回受講時はその勢いに圧倒される事でしょう。

レベルは7。現行のBSLの中でも最高峰の一角です。

BSL-Hit6(レベル7)

穏やかな曲調に反して、強度はBSLの中でも非常に高いです。

BSLの中では「走り抜く」というよりも「ずっしりと強度をかけて足を追い込む」レッスン。

追い込む感がハンパないのはダンベルタイム。

  • スタンディングポジション1ダブルタイム
  • ホバー
  • プルオーバー(ダンベル2本を片手で持って、腕を上下させる)

速いわ、きついわ、重いわの3重苦!(笑)

ほっと出来るのもつかの間、ラスト1曲ではポジション3の超速ダブルタイム。

Fuji

トルクをガン下げしても、普通に足の回転が曲に追い付かない!!

というのはFeelcycleで初めての体験でした。

BSL-Hit7(レベル5)

BSLの中ではかなり軽めのレッスン。BSLなのにスタンディングファストも登場しない。

強度の感覚としてはBB2の初級~中級レベルくらい。BB2や他のBodyShapeシリーズを受けているのであれば、全く問題なくいける強度かと思います。

6曲目に地獄のロングホバーが待っている以外はそれ程大きな山場もありません。

1、7、10曲目は「1曲ひたすら漕ぎ続ける」曲となっています。10曲目はポジション3のラン3本が待っていますので、残っている体力を最後に思いっきり吐き出しましょう!

自分の身体に目を向けたい時、余計な事を考えずにただ漕ぎ続けていたい時、そんな時に受けたいレッスンかもしれません。

BSL-Hous1(レベル6)

長い間、BSLのジャンルシリーズはRockだけでしたが、待望のHous1がリリースされました。

1曲目のポジション2ダブルタイム、スタンディングファストから、2曲目のポジション2ダブルタイム、ポジション3ラン、更に3曲目のタップイットバックからの4曲目プッシュアンドプル…(以下略)

Lady

さっすがHous、なかなかキツイね。イェイイェイ!

などと1曲目から飛ばしていると、2~3曲目でお腹いっぱいになること請け合い。

そろそろ少し休もうかなと思ったところにプッシュアンドプルのガチ追い込みと、

BSL-Lock1(レベル6)

BSL-6とは対極な「走り抜く」レッスン。

BSLとRockの相性が抜群に良い!

爽やかに駆け抜けるようなRockにノって、いつも以上のパフォーマンスを発揮出来る事でしょう。

私のお気に入りのレッスンの1つです。

もちろん、Push and Pull の No hands 等でガッツリ追い込みもかけていきますが、全体の割合としては「漕ぐ」時間が圧倒的に長い。

私が初めて受けた時の感想は

Fuji

キツかったけど、なんだか楽しく一生懸命漕いでいるうちにいつの間にか終わっていた

です。

Feelcycleでは理想的な感想なのではないでしょうか。

まだまだ不慣れな方でも、トルクを落とし目で行けば「それなりの有酸素運動を気持ちよく楽しく出来る」そんなレッスンになるかと思います。

是非トライしてみてください!

足痩せしたいなら

いかがでしたでしょうか。

個人的なオススメは断然BSL Rock1!!

走り抜けるその爽快感を是非感じてみてください。

実は「足痩せしたい!」というだけなのであれば、BSLよりももっと効果的で効率的な方法があります。

↓の記事で紹介していますので、興味があれば読んでみて下さい!

ashiFeelcycleで足痩せする漕ぎ方とは!一歩間違えると足が太くなる?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)