【ネタバレ有】今更ながら『ドラゴンクエスト ユアストーリー』を観てきたら意外と面白かった話。あのオチは、ゲームに感情移入した事がある人なら受け入れられるはず【ドラクエ映画】

どうやら世間で非常に不評らしい『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を、今更ながら観に行って来ました。

特に最後のオチについてはかなり期待度が低かったのですが、実際に観た感想は

Fuji

普通に面白いじゃん!オチも悪くないじゃん!

という感じ。

今回は「あのオチって実は凄く良いと思う!」「叩いている人の論点ちょっとおかしくない?」という事について書いて行きます。

一応、オチと批判の概略を説明します

読んでくださっている方のほとんどはもう知っている事かと思いますが、念のため。

  • ドラクエ5の世界が若干ダイジェスト風味にどんどん進む
  • いざラスボス、という場面で主人公以外の世界が停止
  • ラスボスの代わりに妙な裏ボスが出てきてネタ晴らし
  • 「実はこの世界はVRのゲームでした!」
  • 「私はそのVRソフトのウィルスです」
  • 「いい年してゲームにのめり込んで」
  • 「大人になれよ」
  • 「この世界は虚構なんだよ」
  • ただの仲間だと思っていた「スラリン」が実は「アンチウィルスプログラム」だった事が判明
  • 主人公とスラリンでウィルス駆除!無事ゲームもクリア!

世間で言われている流れはこんな感じですね。

しかしこれでは超重要なポイントが抜けていますおり、「悪い方に情報操作してない?」という感じ。記事の後半にて解説します。

このオチに対する批判は大きく2つ。

  1. ドラクエの世界だと思っていたのに、水を差すなよ
  2. 「大人になれ」とか、余計なお世話だよ

が批判の大筋です。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

水を差されるほど熱中していたの?

批判している人達の文章を読んでみると

  • 内容が薄っぺらいし改変されすぎ
  • 音楽も違うナンバリングの使ってる
  • あのフローラの使い方はなんだ
  • 急に強くなりすぎだろ
  • ご都合主義じゃね?

と、さんざん文句を言った後に

レビュワーくん

最後の最後でVRとかどういうことだよ!ドラクエの映画だろ!

と批判をしています。

そこまでの展開に熱中し、感情移入していたなら

「え…これが虚構の世界だったとか言うなよ…」

という気持ちになるのも分かります。

ただ「なんだよこのクソ映画!」みたいな気持ちで見ていた(少なくとも感想にはそう書いてある)にも関わらず

レビュワーくん

最後の最後で水を差すなよ、ひっくり返すなよ

と言われても

Fuji

ひっくり返されて文句を言いたいほど夢中になって観ていたの?

と思ってしまいます。

 

ちなみに「おまけの夜」というユーチューバーがこの映画のレビューをしているのですが、この動画では

  • 終盤まで「こんなのドラクエ5だと思いたくない」と思っていた
  • 「実はVRの世界なんです」と言われて嬉しかった
  • 「これがドラクエ5じゃない」という事が明示されたから

と語られています。

こういう感想になるなら理解出来ますね。

「ひどいと思っていたし、感情移入も出来なかったけど、この世界がひっくり返されたのは許せない!」というのはどういう理屈なのでしょうか…

なんで「大人になれ」ばっかり取り上げられるの?大事なのそこじゃなくない?

私が今日一番言いたいのはこれ。

「大人になれ、とか言い出されて冷めた」

という感想が多すぎる。

なんでこればっかりが取り上げられるかが、いまいち理解出来ません。

オチの概要を再確認

実は最初に紹介したのは「よく言われているオチまでの流れ」であって、個人的には説明不足だと思っています。

説明不足を補うのなら

  • ドラクエ5の世界が若干ダイジェスト風味にどんどん進む
  • いざラスボス、という場面で主人公以外の世界が停止
  • ラスボスの代わりに妙な裏ボスが出てきてネタ晴らし
  • 「実はこの世界はVRのゲームでした!」
  • 「私はそのVRソフトのウィルスです」
  • 「いい年してゲームにのめり込んで」
  • 「大人になれよ」
  • 「この世界は虚構なんだよ」
  • 『いいや、自分にとってはとても大事な世界で、彼らは実際にここにいたんだ!』
  • ただの仲間だと思っていた「スラリン」が実は「アンチウィルスプログラム」だった事が判明
  • 主人公とスラリンでウィルス駆除!無事ゲームもクリア!

このような感じですかね。(赤い部分の主人公のセリフを追加しました)

このセリフこそが本当に重要なのだと私は思いますし、私はこの言葉に心が震えました。

 

私は30を超えた今でもゲームをします。昔よりもこなす本数は減ってしまいましたが、今でもゲームが大好きです。

しかし、プレイしたゲームが名作であればある程、感情移入していればしている程、クリアした後に大きな虚無感に襲われます。

それは

  • 「彼らにもう会えない」
  • 「彼らとの世界はこれ以上ない」

という気持ち。

「彼らともっと一緒に生きていきたい」

と思わせてくれるくらいには、彼らはそこに実際にいたんです。

 

「大人になれよ」「そんな世界はないんだよ」

これが一般論なのかもしれません。正しい大人の姿なのかもしれません。

 

「ゲームが終わると寂しくなるんだよね。彼らともっと一緒にいたいんだよね」なんて発言する大人よりも、よほど全うに思われるでしょう。

 

でもリュカは全力で『彼らはここにいた』と叫びました。

 

今までの自分を肯定してもらった気分でした。

今まで自分を支えてくれた世界、感動を与えてくれた物語、本気で恋焦がれた事もあったキャラクターたちが「いた」事を認めてもらえた気分でした。

 

  • 打ち砕かれた敵が発した「大人になれよ」
  • 主人公リュカが発した「それでも彼らはここにいた」

作品のメッセージはどちらでしょうか?

鑑賞している方々に「こんなのゲームの世界だからマジになんなよ?」と伝えたかったのだと思いますか?

 

なぜ多くの人が「大人になれよ」の方に噛みついているのかが、やっぱり理解出来ません。

プレイ済みの人は是非観てみてください!

という事で、個人的にはこのオチは悪くない。

というよりも大いに有り。有り寄りの有り。

とは言ってもあくまで個人の感想です。

「私の大事なドラクエを汚された」という事で拒絶反応を起こしてしまう人もいるのかもしれません。

それくらいにドラクエ5は偉大な名作でした。

次回はもう少し本編の内容について「ここが良かった!」「ここは確かにちょっとイマイチ」なんて語っていきたいと思っています。

4 Comments

アバター 匿名

再現を目指していたと思うから、許容範囲を広げてみていたのに最後にひっくり返されるから
それはないわという気持ちになるのであって、最初からCGによる再現に漬かっていたわけじゃない
だからこそ現実ではないという問いかけもハズすし、どこかチャラい主人公には感情移入できないし、
監督の言いたいメッセージが後者だというのはわかるが、描写としては薄っぺらい態度でしか
ゲームに接していない主人公が、感情に任せて逆上したのでは反論に失敗しているようにしか見えない。
しかも、そもそもバグを倒しても肝心の相手はノーダメージ。
これは全滅エンドと呼んで差し支えないものであると思います。
少なくとも現実に何をもたらしたのか、まで描けなければファンタジー作品としては失敗しています。

返信する
アバター 匿名

私はこの作品を面白いとは思いませんでしたね。
持論ですが作品というのは、部分的に見て良さを決めるものではなく、全てを観たうえで、世界観やキャラの行動、物語の構成が意味のあるものとしてちゃんと繋がっており、どんな人が観ても理解できるのが良い作品だと思います。この作品にはそれが欠けていたと思っています。
ちなみにあなたが参考にしたという動画ですけど、その人も結局は面白い表現があったけど、オススメしない作品だと言っていますよ?
私も山崎貴監督の伝えたかった事は分かるんですが、それを伝えるシーンまでに物語が意味あるものとして描かれていないのが大きな原因だと思っています。もし、それが描かれていたら私もこの作品は面白かったなと言えたと思います。

返信する
アバター Fuji

コメントありがとうございますm(__)m

日本の映画レビューって「作品全体として落ち度がない完成度」で語られる事が多い、と聞いた事があります。そしてそれが大多数の与党的意見なのだと思います。
そういう面では最悪の映画です。笑

ただ、個人的には「別に全てが完璧でなくとも、心に響く部分があれば観た価値があった」と考えており、そういう意味では、オーケストラで懐かしの曲が再現されていただけである意味大満足でした。
そしてそうやって作品をプラスの贔屓目に観ていた人(もしくはネタバレを聞いて期待度を下げまくっていた人)であれば最後まである程度すんなり受け入れられるのではないかと思います。私は両方でしたw

「おまけの夜」は「“これがドラクエ5じゃない”と分かって嬉しかった」と言っています。そこについて共感しただけです。
多くのレビューでは「こんなのドラクエ5じゃないよ!!!」→「なんだよ、VRかよ!これドラクエ5じゃないのかよ!!」とうい論理展開になってるよなー、と思ったので。
「おまけの夜もなんだかんで絶賛していますよ!」なんて事は書いていないつもりでしたが、誤解をまねくような表現になっておりすみません。

返信する
アバター Fuji

コメントありがとうございますm(__)m

確かに「1作品」として見ると粗だらけで、とても簡単に人に勧められるものじゃないですよね。全くもって同感です!笑
『ドラクエⅤ』と謳わないくせに、ドラクエⅤをやっていないと絶対に付いていけない構成。最後も投げやり。ストーリーや完成度に期待を持っていた人程満足出来なかったかと思います。

ただ、個人的には「別に全てが完璧でなくとも、心に響く部分があれば観た価値があった」と考えており、そういう意味では、懐かしのキャラが画面を動き回っているだけである意味大満足でした。
そしてそうやって作品をプラスの贔屓目に観ていた人(もしくはネタバレを聞いて期待度を下げまくっていた人)であれば最後まである程度すんなり受け入れられるのではないかと思います。私は両方でしたw

ツイッターでも、あまり物を考えずに観ている人の評価が高いのはそういう事なのかなー、なんて思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)