【超速GP】レースで勝てなくなったら見直すポイント、セッティングや改造のコツはここ!

現在書きかけの記事です。随時更新していきます!

超速グランプリは一般的なゲームと違い『レベル(ウデマエ)=強さ(スピード)』とはなりません。

レベル上げでは解決しない「レースに勝てない!」という悩みを解決するための方法について紹介していきます。

4つのポイントを抑えながら試行錯誤すべし!

レースに勝つためにしなければならないことは大きく4つあります。

その4つとは

  1. セッティングを見直す
  2. パーツを改造する
  3. ウデマエを上げる(パーツをたくさん改造できるようになる)
  4. パーツを増やす

です。

ストーリー序盤は「1.セッティングを見直す」だけでも勝てるようになるかもしれませんが、レベルが上がるにつれパーツを改造しないと勝てないようになってきます。

しかし単純にパーツを改造したらそれでOKという訳ではなく

改造したらスピードが上がりすぎてコースアウトするようになった…

なんてことがよく起こります。

そうすると今度は再度セッティングの見直しをしたり、場合によっては新しいパーツを追加購入(もしくはガシャ)で入手する必要もでてきます。

基本的には1~4の順番で取り組めば良いですが、全てが密接に繋がっているんですね。

ポイント1:セッティングの見直し

まずは何はともあれセッティングの見直しからスタートです。

セッティングは基本的に

  1. 最高速を高める
  2. コースアウト対策を行う

の2段階で行います。

1.最高速を高める

そもそもスピードで負けていたらレースには勝てませんので、とにかく最高速を求めていきます。

最高速を高めるのに重要なパーツは多くありません。

重要な順に

  1. モーター
  2. ギヤ
  3. ホイール
  4. タイヤ
  5. シャーシ
  6. ボディ
  7. その他のパーツ

です。(1が1番重要)

1.モーター

基本的にはスピードの速いレブチューンモーターでOKです。

よほど登坂が多かったりコーナーだらけであればトルクチューンモーターにする事も考えられますが、現状ほぼレブチューンのみで勝ち上がれます。

2.ギヤ

こちらもスピードの速い物を優先。現状だと超速ギヤですね。

モーター同様、パワーが明らかに足りなすぎる時には変更します。

3.ホイール

  • 前輪は小径ホイール
  • 後輪は大径ホイール

というのが基本になります。

4.タイヤ

コースによって使い分けが必要。必ずしもスポンジが速い訳ではありません。

実際に、現在行われている「棚橋弘至からの挑戦状」ではスリックタイヤの方が速いです。

各種履き替えながらタイムを計測してみましょう。

5.シャーシ

スピード重視。モーターやギヤと同様です。

6.ボディ

スピード重視ですが、ここは好みのマシンを使ってもOK!どうしてもダメだったら変えていきましょう。

7.その他のパーツ

その他のパーツは

  • 前ローラー
  • 後ローラー
  • オプション

だけ付けておきましょう。重くなるので不要なパーツは付けません。

2.コースアウト対策を行う

スピードを追求した結果コースアウトするようになったら、そこからが腕の見せ所。

調整には大きく2つの調整があります。

1.追加パーツで微調整する

ここからローラーやスタビライザーを追加していきます。

いっぺんに付けすぎると、マシンが重くなりスピードが落ちてしまうので1~2個ずつ順番に付けて試行錯誤していきましょう。

  • ステーを付ける
  • ローラーを増やす
  • ローラーをゴム製の物にする
  • ウイングを付ける
  • スタビライザーを付ける

などといったパーツを装着し「ギリギリコースアウトしない」ラインを探ります。

1つずつパーツを増やして行けば

このローラーを変更してから、コースアウトしなくなった!

なんて瞬間が訪れるはずです。

2.最高速を叩いたパーツを見直す

パーツをいくらつけてもコースアウトしちまうよ!!!

となったら、露骨に最高速を落とすことを考えなければなりません。

  1. モーター
  2. ギヤ
  3. ホイール
  4. タイヤ

あたりのパーツを見直します。

ただ、ここを見直すとタイムが大きく落ちてしまう可能性があるので

  • 再度余計なパーツは取っ払う
  • 出来る限り性能の落ちないパーツを使う
  • 性能が落ちすぎる場合は改造で補う

などの工夫が必要になるでしょう。

3.番外編 ジャンプはタイヤの見直しもアリ

ジャンプで跳ねすぎる場合は

  • ワイドのホイール、タイヤを使う
  • 前輪後輪ともに小径にしてみる

などといった対策が有効な場合があります。試してみてください!

ポイント2:パーツ改造

【執筆中】

ポイント3:ウデマエを上げる

ウデマエを上げることで

  1. パーツの改造種類が増える
  2. パーツ改造の上限レベルが変わる

という2つのメリットがあります。

【重要】ウデマエ20になれば、全ての種類の改造を行えるようになります。まずは必ずウデマエ20までウデマエを上げておきましょう。

また、自分のウデマエレベルまで改造ができる(ウデマエが20なら、改造もレベル20まで行える)ので、レベル20以上においても、高ければ高いほど良いです。

しかし現状では改造レベルは20で十分なレースがほとんどなので、さほど気にしなくて良いかもしれません。

ウデマエはどのレースで上げる?

基本的な考え方は3つです。

  1. イベントで上げる
  2. 欲しいパーツが出るレースで上げる
  3. ガッツ消費の少ないレースで上げる

ポイント4:パーツを増やす

【執筆中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)