初見でも楽しめる「シャークネード ラスト・チェーンソー4DX」ネタバレなしレビュー

ラストチェーンソー

トルネードに乗ったサメが人々を蹂躙していくコメディパニック映画「シャークネード」

その第六章にて最終章である「ラスト・チェーンソー」が4DXで上映されています。

上映3日目の11月4日、実際に劇場で観てきましたので、映画の感想や楽しみ方について、ネタバレなしで書いて行きたいと思います!

レビュー、感想

一言で言うと

「シャークネードだった」

という感じ。

あ、これじゃあ今までのシリーズを観ていない人に伝わらないですね。

観ていない人のために「ラスト・チェーンソー」の簡単なあらすじですが

  • サーフボードに乗って来るサメ
  • サメより先に恐竜が出てきた
  • 恐竜がサメに食べられた
  • 「ジェラシック・ワールド」へようこそ
  • シリーズ通して久しぶりに「海で人を襲うサメ」を見た
  • メカシャークが飛んでた
  • 目からビームが出た(いつも通り)
  • 聖剣エクスカリバー

こんな映画(これでも予告に出ているごく一部)です。

何を言っているか分からないかと思いますが、実際に劇場映画を観ると

「確かにその通りだった…」

と言って頂けるかと思います。

 

ちなみに、今までのシャークネードを観た事がある方だと

シャークネーダー
なるほど、いつも通りだね

という反応になるはずです。

 

そういう映画なんです。察してください。

 

今回は「時間移動」という事で、今まで以上に自由気ままにフィールドを移し替えながらの物語が展開されます。そんな中、まるで

4DXのために作られたんじゃないか

と思う程の水、風、雪、フラッシュ、必要以上の揺れ等が使われています。

今まで様々な4DX作品を観てきましたが、これ程までに劇場の機能を盛り込んだ作品はなかったように思います。

4DXというアトラクションで、ジェットコースターのような展開の物語にただただ身を任せて「キャー!(笑)」と叫び続ける。

そんな「考えるんじゃない、感じるんだ」という作品になっています。

過去シリーズを鑑賞済みの方へ

シリーズの集大成という事で、過去作品を知っていると胸が熱くなる展開が多々用意されています。

更に予算も大分増えていますし、ラストも綺麗なまとめ方。

「良かった。感動した。素晴らしかった」というツイートが多いのも頷けます。

ただ1つだけ気を付けてください。

この作品は

  • シャークネードで
  • アサイラム制作で
  • アルバトロス配給

です。

もう一度言いますよ?

この作品は

  • シャークネードで
  • アサイラム制作で
  • アルバトロス配給

です。

名作を見に行く気持ちじゃなく「シャークネード」を観に行く気持ちでいてくださいね!(誉め言葉)

【シリーズ初見者向け】この映画はこう楽しもう!

この映画を観るにあたって、絶対にやってはいけない事が1つだけあります。

「深く考える事」です。

畳みかけられてくる怒涛の展開に、間違いなく

初見
うわー、全然話がわかんねえや

と、こうなります。

でも安心してください。

シリーズ5話全部観てから来ても大して変わりません。

少なくとも私は全然分かりませんでした。

そしてそれは今回の「ラスト・チェーンソー」に限った事ではなく、今までのシリーズ5本ともだいたいそんな感じです。

シャークネードシリーズを観る時には

「おいおいおい、それは無いだろ(笑)」

が基本スタンスになります。

それさえ忘れなければ楽しめる事間違いなしです!

過去シリーズを観るなら「1」を!

初見でも楽しめますが、過去シリーズを少しでも知っていると楽しさが倍増するのも間違いない事実。

もし「とりあえず1つくらい観てみようかなー」と思っているのであれば、1作目(か5作目)を観る事をおすすめします。

1は予算こそ少ないものの「シャークネード至上、最もまともなパニック映画」なので作品自体も楽しめると思います。

今回のラスト・チェーンソーには「1を知っている人が気が付ける演出」が存在します。是非是非その感動を味わって頂きたい!

シャークネード1については↓で記事も書いていますので、よければこちらも読んでみてください。

シャーク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ただ一言、「楽しい」映画です。

ホラーやパニックを求めるのではなく、突っ込みどころ満載のバカ映画をからかいに行く、くらいの気持ちで観に行くのには超おすすめ。

ジェノバを観に行くような感覚で行ってしまうと「ミュージカルを観に来たつもりが、劇場についたら漫才だった」くらいのカルチャーショックを起こします。

低評価を付けている方は「きっと素晴らしいホラーなんだろう」と思って観に行った方が大半でしょう。

最後にもう一つだけ。

エンドロールが衝撃的なのでお見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)