カラオケで、ライブで、録音で、歌うとき飲むべき飲み物はこれ!

カラオケで歌う。歌ってみたを録音する。ライブで歌う。歌を歌う場面は増えてきています。

そんな時に欠かせないのが喉を潤すドリンクです。

実はドリンクの中には、喉を傷めてしまったり、喉の通りを悪くする「歌に適さないドリンク」があるのをご存じでしたでしょうか。

今回は「歌う時に飲むべきドリンク、飲まないべきドリンク」についてご紹介します。

常温の水に敵うものなし!

歌う時に飲むドリンクは水がベストです。

また、出来れば軟水のミネラルウォーターが良いでしょう。軟水の方が体に浸透しやすく、口の中を潤った状態にキープしやすいです。

またまた、喉を冷やして筋肉を硬直させてしまわないよう、常温ないしは人肌に温めたぬるま湯だとベストです。

手に入りやすい軟水としては

いろはす
南アルプスの天然水
六甲のおいしい水
クリスタルガイザー
ボルヴィック

辺りが挙げられます。

ですので、ライブで歌うときに持っていくミニペットはエビアンでなくボルヴィックが正解です。
また、カラオケで歌うときに頼むのは「氷抜きの水」が正解です。日本の水道水は基本的に軟水ですので、普通に水を頼めばOKです。

一本一本コンビニやスーパーで買っていると高くついてしいまいますので、家で普段から愛用するという事であれば、どかっと箱買いしてしまうのがよろしいかと思います。

ヒトカラならこれでもいいですが、カラオケで一人だけ「氷抜きの水」という訳にもいかないと思います。ドリンクバーがついているのにずっとお水というのも切ないと思います。

ここからは「水以外なら」という条件で喉に良い物、悪い物をご紹介していきます。

喉に良いドリンク

ポイントは「喉を刺激しない」事です。

もう少し具体的には「温かい物」「喉に刺激を与えない物」「脱水作用のない物」といった感じになります。梅こぶ茶、放置して少しぬるくなったスポーツドリンクなんかは割とバランス良いドリンクかもしれません。

ただ、カラオケで一般的に出てくるようなドリンクの大半はあまり喉に良くない物なのが実際のところです。

喉に良くないドリンク

喉に良いドリンクが数行で終わってしまったのに対して、良くないドリンクは大量に出てきます。なんなら「ほとんど全部ダメじゃん」となるくらい出てきます。これらを全て避けようとすると何も頼めなくなってしまいます。

全て万人に同様に影響が出る物ではありません。それぞれについて「なぜ良くないのか」という理由も紹介していますので、実際にそのドリンクを試してみて「体質的に全然問題ないな」という物を見つけていくのがいいかと思います。

①冷えている物

歌はスポーツと同じで、柔軟な筋肉の動きが必要です。喉を暖めて柔軟性を上げるのに、喉を冷やしてしまう物は天敵となります。

といってもほとんどがコールドドリンクかと思います。キンキンに冷えた物をぐいぐい飲みすぎるのは問題かもしれませんが、適度に喉を潤す分には問題ありません。

適度にホットドリンクを挟んで喉を暖めておくのは効果的です。

②炭酸

喉を刺激するうえ、ゲップが出やすくなるので、歌向けのとは言えません。キメどころでゲップをかましなんかしたら一ヶ月は立ち直れません!

③乳製品、カルピス

喉に膜が張ってしまうケースがあります。私はもろにこの症状が出るので、カルピスは絶対に飲めない飲み物の1つです。

④ウーロン茶

喉を潤滑に機能させるためには、適度な油が必要です。ウーロン茶には油を分解する作用があり、喉に必要な油まで流されてしまいます。

⑤カフェイン、アルコール

コーヒーやお茶等に含まれるカフェイン、お酒に含まれているアルコールは利尿作用があり、水分を体外へ排出してしまします。喉が適切に潤いを保つ為には水分は必須です。

また、アルコールについては分解のために水分を使うので、喉や目等もカラカラに乾いていってしまいます。

⑥柑橘類

柑橘類に含まれている「酸」が喉を刺激してしまう事があります。

喉を綺麗にする作用も持っており③カルピス等で出来てしまった膜を洗い流すのには効果的です。

その他の飲食物

のど飴

喉の調子が悪い時にはのど飴を!というのは共通認識だと思います。

ただ、歌う時となると少しだけ気を付けるポイントが出てきます。

・ミントやハッカでスースーする物は避ける
・のど飴(砂糖)を舐めすぎない

という2点です。

ドリンクの部分でも触れたとおり、喉を暖めて柔軟性を上げる事が大事です。そのためミント等の喉を冷やしてしまう物は天敵となります。

また、砂糖は喉の粘膜を乾燥させてしまうので、あまり取り過ぎるのは良くないでしょう。

のど飴という事であれば
龍角散
トローチ
あたりが鉄板です。

食べ物

基本的にはあまり食べない方が良いというのが結論です。

お腹がいっぱいだと、腹式呼吸の妨げになってしまいますし、飲食後の唾液が多い状態だと滑舌も悪くなりがちです。

ただ、どうしてもお腹が空いている時もあると思います。カラオケで皆で食べながら歌うなんて事もあると思います。そんな時のキーワードは「油分」です。

適量の油分は、喉の粘膜の保護に役立ちますので、ポテトや唐揚げ等の油っぽい食べものを選ぶのがベターです。

勿論、食べ過ぎには要注意。歌の事だけ考えるのであれば腹8分目でも多すぎるくらいです。塩分の取りすぎも脱水の原因となりますので、ほどほどに。

まとめ

先に書いた通り、実際に試してみて自分の体質に合うものを探すのが一番です。

実際私はカフェインの含まれ、乳製品も含むアイスミルクティーをよく飲んでいますが特段困った事はありません。しかし、カルピスは飲んだ途端に喉に膜が出来てしまって全然歌えない状態になってしまいます。

普段からよく歌う方、ライブ等で人前で歌う方であれば、喉が資本です。生活の中に取り入れてみると良いかもしれません。