30歳男性SMAPファンによるSMAPCDレビュー ①pamS(前編)

pmas

今年の初めから世間を騒がせているSMAP。

私たちの世代にとっては1番のアイドルであるSMAP。

時代もあったのかもしれませんが、この日本にとってとてもとても大きな存在だったのは間違いありません。

ファッション、音楽、ドラマ、映画と本当に様々なシーンで活躍してきました。かく言う私も木村拓哉に憧れてギターを始めたクチです。

足掛け約20年ファンであり続けている私なりに、SMAP楽曲の聞き方、聞きどころを書いていきたいと思います。

pamS

2001年8月発売。

2001年3月に発売されたSmap Vestがデビュー曲 Can’t Stop!! -LOVING- から らいおんハート までのシングル全曲で構成されたベストアルバムなのに対し、pamS(ウラスマ)は、ファンからの人気が高い楽曲のみを集めた裏ベストアルバムと言われている1枚です。

シングル曲も2曲入っているものの、いずれも新アレンジとなり採録されているため新鮮な気持ちで楽しめます。アルバム全体の半分弱が採録となっているため、当時の若い声とはまた違った、大人の余裕や渋さを感じられるようになっています。

全曲レビュー

1. 雪が降ってきた (ballad version)

1992年発表のSMAPで6枚目のシングルで、当時はバスケットボールをしながら爽やかさたっぷりで無邪気に歌っていた曲。人気の楽曲で何度もアレンジされています。

明るくポップな曲調だったのを、今回はピアノの弾き語りでのショートバジョーンで収録。全編通しメンバーのソロで構成されています。

世間一般ではオンチの印象とキャラが染みついている中居くんが最後の1節を歌っていますが(ファンの中ではもはや常識な)声質は凄くいいし、音痴って訳じゃない。というのを垣間見る事が出来ます。

2. オレンジ

2000年8月発表のSMAPで32枚目のシングルである「らいおんハート」のカップリング曲。

らいおんハート自体がミリオンヒットの大人気曲でしたが、そのカップリングであるオレンジも人気のある1曲です。

らいおんハートが真っすぐなラブソングであるのに対し、オレンジは「好きだけれども別れなければならない」そんな2人を描いた切ない曲。

「さよなら」と言う言葉が何度も使われ、曲の最後も「さよなら」で締められるはずだったのですが、木村くんの強い想いから「ありがとう」へと歌詞が変更され、ただ悲しいだけの歌ではなく、最後の最後に温かみを感じられる曲となりました。

実はこの曲には続きがあり

  1. オレンジ
  2. Song2 ~the sequel to that~(freebird カップリング)
  3. 夏日憂歌(アルバム SMAP 016 / MIJ)

と繋がっています。

いずれもバラード調の曲であり、オレンジが好きなのであれば是非こちらも聞いてみて欲しい曲です。

3. 恋の形 (2001 version)

1998年5月発表のSMAPで28枚目のシングルである「たいせつ」のカップリング曲。オレンジに続き切ない別れの歌となっています。

アルバムの2曲目「オレンジ」からの流れを意識した曲順のようにも感じます。

再録されている事で、切なさがぐっと引き立っている1曲に仕上がっています。稲垣くんがテレビに出られない時にSMAP×SMAPで4人で歌っていたのを覚えています。

4. 言えばよかった

1998年6月発表のSMAPで11枚目のアルバムである「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」の収録曲。

イントロのカッティングであったり、ベースラインであったり、メロディーラインであったり、海外アーティストの影響を非常に強く感じる1曲。

それもそのはず、この「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」まで(1部の楽曲で)海外のミュージシャンの生演奏でレコーディングが行われていました。

この楽曲自体は日本ミュージシャンが演奏していますが、その流れを汲んでいると言われれば納得。

Cメロの中居くんソロ、賛否両論ですが私は大好きです。

とっても好きで、でも好きと言えなくて、そんあある日彼女がいなくなってしまうと知って。「そんなの知らない、もっと一緒にいたい、行かないで欲しい」そんな悲痛で悲して叫びたくなるような思いが上手に乗っているように感じます。

5. ひと駅歩こう

4曲目の「言えばよかった」に引き続き、1998年6月発表のSMAPで11枚目のアルバムである「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」の収録曲。

アコギのサウンドが非常に心地よい大好きな一曲。「どこが好き」と言われたら「空気感」としか答えられないかもしれません。

先に紹介した「オレンジ、恋の形、言えばよかった」は物語を読んでいるようなストーリーを強く感じる曲であり歌詞であったのに対し「ひと駅歩こう」はそれ程メッセージ性、ストーリー性の強い曲ではありません。

夕暮れのシーンとゆるめな日常が情景として目に浮かび、それを心地よく楽しむという感じ。

収録アルバム「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」はジャケットの色が赤く、曲のイメージも「赤」がぴったり合うような刺すような強めな曲調が多いです。

先ほどの「言えばよかった」も攻め攻めなグルーヴの1曲でした。

この「ひと駅歩こう」は強めの赤ではなく、夕日の赤を連想させ感じさせてくれます。夕日が沈む帰り道に聞きながら鼻歌歌いながら帰りたい、そんな曲です。

6. それじゃまた

1996年3月発表のSMAPで11枚目のアルバムである「SMAP 008 TACOMAX」の収録曲。「ひと駅歩こう」に続き、ゆるめの1曲。

「人と違ってもいいじゃん、上手くいかなくてもいいじゃん、じっくりゆっくり頑張っていこう」そんな曲です。

この曲も強いメッセージ性やストーリを感じる曲ではありません。疲れたとき、嫌なことがあったとき「大丈夫だよ」と優しく諭してくれるような曲です。

7. 君と僕の6ヶ月

1994年9月発表のSMAPで14枚目のシングルである「がんばりましょう」のカップリング曲。

ゆるめでちょっと余裕な前2曲とはウラハラに、ストーリー性を強く押し出した曲で、曲調は”わちゃわちゃキラキラしたジャニーズ”な1曲。

当時のSMAPで演じている青春ドラマでも見ているような、そんな気持ちにさせてくれます。

でもやっぱり最後はちょっと切ない別れな歌。なんかこんな曲ばっかりですね(笑)

青春真っすぐな歌詞にポップな曲調と当時の若々しい声がマッチしています。これは採録じゃなく原曲収録でバッチリですね。

8. Major (2001 version)

1994年6月発表のSMAPで13枚目のシングルである「オリジナルスマイル」のカップリング曲。実は1997年発表のベストアルバム「WOOL」にも収録されています。

君がいれば頑張れる、君を離さずMajorな気持ちで生きていく、そんな決意が感じられる、「それじゃまた」よりちょっと大人な応援ソングです。

再録されて”ただ爽やかな元気ソング”とはまた違った雰囲気になっています。

SMAP前期の曲はほとんどがユニゾンでソロで歌う部分が非常に少なかったです。再録物や新しめの曲はソロが割り振られているのも聞きどころの1つですね。

9.泣きたい気持ち

SMAPが自ら主演したサッカー映画 『シュート』 の主題歌。

中居くんのソロから始まり、ユニゾンでも中居くんの声がすごく聞こえる珍しい(失礼)歌。

改めて歌詞を読み直してみると、やっぱり切ない歌、別れの歌が多いんですね。

ロックな曲調をさわやかに歌い上げる、当時のSMAPらしさがとてもよく出ている曲です。

10.どうしても君がいい

9枚目のシングル「君は君だよ」のカップリング曲。

「カードがもう切れるから」って、時代を感じますね。公衆電話しかなかった時代の歌ですもんね。

ゴローちゃんが謹慎だった際に、4人がコンサートの打ち上げで歌った曲というエピソードがあり、以来ファンの間でも人気が最熱した曲です。

「どうしても君がいい、なんでかわからないけど」

とても正直に、でもストレートに「好き」を表している言葉だと思います。

11.かなしいほど青い空

さわやかな未練たらたらソング!(笑)

当時失恋した時にはめっちゃヘビロテしていたのを覚えています。

「君なんか忘れた、言うのは簡単だよ。だからとりあえず言ってみるよ。強がりだって役に立つさ、そのうちその気になる」

忘れたいのに忘れられない。やっぱり好きだけどどうしようもない。出来るのはせいぜい「忘れた、もう気にならない」そう言い聞かせるだけ。

その状況に立てば、とても笑ってなんていられない、明るくなんていられない状況。それを等身大の言葉で元気に歌ってくれる彼らに元気をもらいました。

12.If You Give Your Heart

執筆中

13.BEST FRIEND(2001 Version)

言わずと知れたBEST FRIEND。

さわやかに友情を歌う原曲も良いですが、年を重ねた彼らが1人1人ソロで歌い上げるこの曲は非常に味わい深い物になっています。

森くんやゴローちゃんの騒動の時や、5人旅の時、やっぱり歌うのは、染みるのはこの曲でした。

SMAPにとっても、私たちにとっても特別で大切な曲。

暖かく優しい、とても素敵な1曲です。

14.Part Time Kiss(2001 Version)

木村くんとゴローちゃんによる、オトナな1曲。

15.さよならの恋人(2001 Version)

執筆中

16.Don’t Cry Baby

執筆中

17.どんないいこと(Every You)

執筆中

まとめ

執筆途中でごめんなさい。

ちょっとずつ書き上げていき、他のシングルやアルバムについてもちょっとずつ書いていければと思っています。

色々ありますが、やっぱり色褪せず本当に素敵な彼らとその曲をこのまま埋もれさせてはいけない。

そんな思いで、これからも記事を書いていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)