「ふるさと納税」をマンガを交えて分かりやすく説明します!

なにかと話題な「ふるさと納税」

あなたは利用していますか?

よく分からないからなぁ。

得っていってもそれほどでもないでしょ?

そんな風に思っていたりしませんか。

実は、ふるさと納税はめちゃくちゃ簡単だし、めちゃくちゃお得です。

ふるさと納税を使って、ちょっとリッチでとてもお得な生活、してみませんか?

ふるさと納税ってどんな制度?

まずはざっくりと「ふるさと納税」についてイメージを持っておきましょう。

「制度とかは分かってるから、金額とかの話してよ!」という方は読み飛ばしてしまってください。

 

いいですか?

超絶簡単に説明しますよ。

ふるさと納税とは!

来年の住民税を10,000円前払いすると、3~4千円のお肉や果物が家に届く制度です。

 

うん。我ながら怒られそうな説明ですね(笑)

でもこういう制度なんだから仕方がない。

1万円前払いすれば4千円分、2万円前払いすれば8千円分の品が届きます(ざっくりですよ)

ポイントは、あくまで「税金の前払い」だという事。

今年前払いした税金は、当然来年安くなります(当たり前ですが…)

  • 地方、自治体が~
  • 納税先が~
  • 税収が~

とか面倒な事は考える必要はありません。

え、超お得じゃない?

とだけ分かれば、今はOKです!

一つだけ補足です。

扶養の範囲で働いている人には関係のない制度です。

当たり前かもしれませんが、念のため。

そもそも住民税って?

なるほど、得なのは分かった。

ところで住民税ってなに?

そういう疑問が浮かんで来ると思います(「浮かんで来ないよ!バカにすんなよ!」という方もチラっと読んでから次へお進みください)

これもとっても簡単に解決します。

  1. 会社勤めで給料を貰っている人
  2. それ以外の人

に分けて説明しますね。

1.会社勤めで給料を貰っている

会社勤めの方は「給与明細」を手元にご準備ください。

その給与明細の「住民税」の欄の金額が、ふるさと納税で前払いする金額です。ふるさと納税すると、来年の「住民税」がその分減額されます。

色んな形の明細がありますが「住民税」は「住民税」以外の表記になりません。

「住民税」の記載がなかった方は「2.それ以外の人」へお進みください。

明細

2.それ以外の人

  • 会社勤め以外
  • 会社から住民税の天引きがなかった人

は6月くらいに届いている「住民税の4回払いの納付書」をご準備ください

(↓こんな感じの紙。市民税とか県民税とか書いてあれば多分当たり)

この赤枠部分の金額が、安くなる対象の「住民税」です。ふるさと納税すると、来年の「住民税」がその分減額されます。

ふるさと納税する金額

最初に「ふるさと納税は住民税の前払い」とお伝えしました。

が、これは無限にいくらでも認められている訳ではありません。

政府側としても「毎年、予算立てて税収やりくりしてるんだから、無限に前払いとかされてもちょっと困るんだけど!」という訳です。

この枠を超えると「ふるさと納税をしたのに、税金は安くならない」という悲惨な結果が待っています。

この金額について、先ほどと同様に2パターンに分けて説明します。

1.会社勤めで給料を貰っている

先ほど確認した給与明細の「住民税」の金額をもう一度確認してみてください。

その金額を使います。

ふるさと納税限度額 = 給与明細の住民税 × 2.4

この金額までふるさと納税してOKです!

それ以外の人

先ほど確認した4回払いの納付書の1枚をお手元にご準備ください(4枚のうち1枚だけ金額が違うかもしれませんが、誤差の範囲です)

その1回あたりの納税金額を使います。

ふるさと納税限度額 = 1回あたりの納税金額 × 0.6

この金額までふるさと納税してOKです!

注意点

この計算は

  • 収入額が去年と今年でそんなに変わらない
  • 扶養の人数が去年と今年で変わらない

という前提でのざっくり計算です。しかし

  • 収入が増える ⇒ 限度額UP
  • 扶養が増える ⇒ 限度額UP

という事なので、収入や扶養が増えている人は「限度額ギリギリまではいかないけど、絶対に切り捨てられない安全額」の目安として上記算式を使えます。

ふるさと納税のやり方

「ふるさと納税」

税金も絡むし、なんだか手続きが面倒くさそうですよね。

でも、説明は一瞬で終わります。

ふるさと納税の方法は…

 

Amazonや楽天のネット通販とほとんど同じ

 

です。

百聞は一見に如かず。

テレビCMでもお馴染みの、ふるさと納税サイト「さとふる」の公式サイトを見てみましょう。

さとふる公式サイト

めっちゃ肉並んでますよね。

  • 金額別
  • 地域別
  • 商品種類別

など、様々な方法で返礼品を選ぶ事が出来ます。

勿論、自分の故郷とは関係なく好きなところを選んでOKです!

普通の通販と違うのはここ!

Amazonや楽天と違うのは大きく2つ。

  1. 資金の使い道を選択する
  2. 「ワンストップ特例」の選択をする

結構大事なポイントなので、もう少しだけお付き合いください。

1.資金の使い道を選択する

すっかり通販気分ですが、これはあくまでふるさと納税。

「その地域に寄付をする」というのが名目です。

そこで、どのような事業に資金を充てて欲しいかを選択する必要があります。

2.「ワンストップ特例」の選択をする

これが重要!

これを忘れると、結構面倒くさい事になりますので要注意です。

「ワンストップ制度を選択する」という事を忘れないください。

「ワンストップ制度」とは「確定申告とか年末調整とかよく分からないから、全部手続きやっといてね!」とお願い出来る制度です。

逆に言うと、ワンストップ制度を使わないという事は「私は自分で確定申告します」と言っているのと同様です。

絶対に忘れないよう注意してください。

また、ワンストップ制度を使えるのは「1年につき5ヶ所まで」です。

6ヶ所以上の地域に分けてしまうと確定申告が必要となりますので、5ヶ所までに留めるのが賢明です。

ふるさと納税をもう少し知る

ここまででふるさと納税に関する基本的な知識は完全に身についています。

ただ「完結に重要なポイントを紹介する」という書き方をしているため、ところどころ端折ったり簡素な表現にしている部分があります。

ここからは「読まなくてもふるさと納税は出来るけれど、出来れば知っておきたい注意点」をご紹介します。

注意点1 2,000円の手数料がかかる

「ふるさと納税は税金の前払い」と書きました。

これ自体は決して間違ってはいませんが、厳密には手数料が2,000円かかってきます。

つまり「10,000円の寄附を行うと、来年の税金が8,000円安くなる」というのが性格な表現です。

注意点2 確定申告する人はワンストップの特例を使えない

ほとんどの人は当てはまらないと思いますが

  • 副収入等で大きく稼いでいる
  • 医療費控除を適用する

などのために確定申告をする場合、ワンストップ特例を使えません。

そもそもが「年末調整とか確定申告とかよくわからないから、そういうの無しにして!」という特例なので「自分で確定申告するレベルなら寄付金控除くらい自分でやってよ」と言われてしまうんですね。

注意点3 年末の駆け込みは要注意

期間のお話です。

1~12月にふるさと納税 ⇒ 翌年の住民税の前払い

という取扱いなのですが、年末は駆け込みふるさと納税が多発します。

  • サイトが落ちて繋がらない
  • 振込の期日が12月中旬までだった

なんて事もありますので、早め早めに済ませておくようにしましょう。

注意点4 限度額を超えると?

限度額を超えてもふるさと納税は可能です。

ふるさと納税自体はもともと「自治体への寄付金」なので、寄附自体は可能。お礼の品も届きます。

では、限度を超えると何が変わるのか。

限度額とは「住民税の前払いを●円まで認めます」という金額です。

例を出して説明しますね。

例:限度額3万円の人がふるさと納税を4万円した場合

  • 4万円に対応する返礼品は送られてくる
  • 来年の住民税が3万円減る(前払いしたから)

となります。

  • 限度内の3万円:寄付であり、住民税の前払いでもある
  • オーバーした1万円:ただの寄付

という感じです。

補足1 物品は自分以外の住所へ送付出来る

実は、物品の送付住所を指定する事が出来ます。

「いっぺんにこんなにお肉いらないよ!」という人や「離れて暮らす家族に、少しいい物を食べて欲しい」なんて方は、家族親戚のもとに送ってあげると喜ばれるかもしれませんね

補足2 季節限定品がある

野菜や果物、海産物、そして季節イベント商品(花火の有料席、スキーチケット)などは季節限定で出品されている物もあります。

年末であれば締切的には間に合うのですが、早いタイミングからサイトをチェックしておく事であたらしい商品に出会えるかもしれません。

補足3 今、問題視されているのは?

ふるさと納税は当初の趣旨は

  • 国民それぞれが、応援したい地域へ税金を払う
  • 地域活性化の意味も含め、地元の品をお礼に贈る

というものでした。

それが今や完全に「返礼品をエサにした税金の取り合い合戦」となっています。

「こんなんじゃやる意味ないよ!」という方は、無理してふるさと納税を行う必要はないと思います。

ただ、もしもお得に制度を利用したいのであれば、返礼品に何らかの規制がかかる前にふるさと納税してしまった方が良いのは間違いありません。

(後付けで返品させられたり、前払いの取り消しには絶対になりませんので)

ふるさと納税とどう付き合うかは、あなた次第です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

少しでもふるさと納税の理解の助けになっていれば幸いです。

ちょっといいお肉を食べて贅沢するという手もありますが、お米やタオルのような日常的に必ず使う物を頼んで、家計費を浮かすのに利用する事も出来ます。

是非あなたのご家庭にとってベストなふるさと納税を見つけてください!

さとふる公式サイト