FEELCYCLEで筋トレと痩せを両立させた実体験②

FEELCYCLEで筋トレと痩せを両立 させた実体験①の続きです。②では「レッスン受講のペース」「どのレレッスンを受講するべきか」という事について書いていきます。これが絶対という訳ではありませんが、実際に私の身体で結果が出ている方法ですので、もし使えそうな部分があれば取り入れてみてください。

link

「いつも」体力消耗していると思わせる

週2~4日、これが私の受講ペースです。普通ですね。何のひねりもないですね。しかしここにも大切なエッセンスは存在します。

受講ペースは週2~4「日」です。2~4「レッスン」ではありません。大事なのは日数です。

「1レッスンじゃ疲れない、身体を追い込めない」と言っているのは「正しい姿勢で漕げてない、トルクがかなり軽めにしかかかっていない」というケースが多いです。

(姿勢を常に意識したうえで、トルクを「ちょっときついかな」くらいに設定、RUNはガチ漕ぎしてなお元気!と言う事であれば、完全に漕ぎ切れていると思います。)

理想は1レッスンで身体を使い切る事。これはインストラクターの方も仰っています。

話を本題に戻します。痩せるにしても筋肉をつけるにしても、なるべく多い日数通う事が大切です。痩せる為には代謝を良くし、カロリーが燃えやすい身体づくりをする必要があります。要するに身体機能のベースアップが必要な訳です。そのためには

身体に「これくらいの身体機能(筋肉、体力)じゃ【恒常的に】不足しているよ」と思わせなければなりません。これが世に言う「基礎代謝を上げる」という事なのです。

1度とても辛い思いをしても、それが一過性の物であれば、身体は「なんかとっても疲れたけど、回復したからもう大丈夫」と思ってしまいます。

筋トレ目的でも同様です

身体に「回復したからもう安心」と思わせない事。「今の生活スタイルにこの筋肉じゃ足りない!」と思わせてやらなければならないのです。

ただし、強い筋肉痛が来ている時には身体を休めてやってください。筋肉痛は筋繊維が壊れ、それを回復させている状態です。そこに更に強い負荷をかけてしまうと、筋肉が壊れる一方となり、回復が追いつかなくなってしまいます。

ガチで筋トレをするのであれば筋肉の超回復ペースに合わせた2、3日に1回というのが適正ペースにな るのですが、FEELCYCLEでは筋肉がワークアウトする程の筋トレとはならないと思いますし、どちらかというと負荷不足かと思うので日々行う形で問題ありません。

そんなに日数行けないなら

筋トレがメインの目的の方の追加メニュー

週に1回行くのが時間的に限度なんだけど!という方は、別の運動も取り入れる事を考えてみてはいかがでしょう。私は筋肉増強を強い目的として持ってますので、ワンダーコア2を購入してFEELCYCLEに行けない日にゴリゴリ筋トレしています。

脂肪燃焼がメインの目的の方の追加メニュー

脂肪燃焼が目的ならやはり基本は有酸素運動。ジョギングが手軽でいいのではないでしょうか。何時間も走る必要はありません。ぎりぎりまで身体を追い込む必要はありません。

目的は、身体に「この人【恒常的に】もっとが体力必要だな。代謝上げなきゃいけないな。」と思わせる事ですから。いまいちテンションが上がらないのなら、FEELCYCLEの音楽を聴きながら走ってみるのをオススメします。 Youtubeに「BB1 hit●●の曲集」みたいなプレイリストがたくさん存在します。お気に入りのレッスンの音楽に耳を傾けながらなら楽しく走れるのではないでしょうか。

サプリの力を借りる

繰り返しになりますが、基礎代謝の向上は脂肪燃焼(ダイエット)に直結します。なので、基礎代謝向上に役立つサプリメントの摂取は、FEELCYCLEとの相乗効果で機能的に働きます。

基礎代謝を上げるサプリメントを使う事で、週に何度もFEELCYCLEに通わなくてもしっかりと効果が現れてきます。「基礎代謝向上補助」という目的と効果がしっかりある事が大事です。そこら辺の薬局やコンビニで「これを飲めば痩せる」「脂肪の吸収を抑える」とか書いているサプリよりもよっぽど効きます。

もちろん、これだけ飲んでれば痩せる訳ではないですよ。FEELCYCLEで基礎代謝向上のための身体改革を行いながら、そのスピードを上げる補助的な目的でサプリメントを摂取する事です。

初心者のうちは「BB1を中心に負荷の軽い物、楽しい物」を

まずはちゃんと漕げるようになりましょう

ここからは「どのレッスンを受けるべきか」という事について書いていきます。

初心者のうちは①BB1を中心に負荷の軽いレッスンを受講する②とにかく自分が楽しいと思えるレッスンを受講する。という事を意識してみてください。一 番のポイントは身体に正しい姿勢と漕ぎ方を覚えさせるという事です。

スクワットの時に、ももの前側だけ使ってしまっていませんか?Back to UPで腹筋やお尻に全然負荷を感じていないなんて事はないですか?ダブルタイムとエルボーダウンを同時にしている時や、立ち漕ぎでのエルボーダウンが、普段と同じくらいの辛さと感じていませんか?

あらゆる動作に効かせるべきポイントが、意味があります。それを理解せずに漕いでいても確かに疲れます。だって身体は動かしていますから。ただ、正しい姿勢できちんと負荷をかけながら漕ぐ事で身体の各部位を効果的に鍛える事が出来ます。

漕ぎ方次第で効果はで断然変わります

とっても極端な例を挙げます。

「小さい子と暴れまわって遊んで疲れる」のと「ランニングや水泳をしっかりとしたフォームで行って疲れる」のとではどちらが効果的に痩せると思いますか?どちらの方が筋肉が付くと思いますか?

当然後者ですよね。

基本的な姿勢が出来ずに難易度や負荷の高いレッスンに出ても「暴れまわっているだけ」になりがちです。ついていけていなくても疲れるのは疲れますし、45分が経てばレッスンは終了。なんとなく出来た気、漕げた気になってしまいます。

全然漕げないBB3に出るのであれば、トルクを重めにしてBB1をきっちり漕ぐ方が絶対に効果があります。

まずは簡単なレッスンで正しい姿勢と漕ぎ方を覚えましょう。負荷が軽すぎる部分についてはいつもより 0.5~1回転トルクを重くするだけで相当身体に効きます。

また、好きなインストラクター、好きな 曲、好きな動作、なんでもいいですが「好きなレッスン」は難易度に関わらず積極的に出るべきかと思います。

楽しかったFEELCYCLEが義務になってしまわないように、モチベーションを高く持ち続ける為に、楽しく漕げる時間は必要です。また、「もっと上手に漕ぎたい」と向上心が出てきたり、テンションが上がってい つもより高い負荷に挑めたりします。「どれも変わらないかなー」という方は一度様々なレッスンに出てみて「ちょっとお気に入り」なレッスンを見つけてみてください。

レッスン強度の目安

レッスン強度の目安は以下の通りです(A:強い B:普通 C:弱い)

BB1
C:1  2  3  10  11
B:4  6  7  8
A:5  9  11

BB2
C:1   2   3   4
B:5   6   7   8   9   10  14  SOUL  SUMR    MLN  BTLS  HH  HOUSE1
A:11  12  13  15  16  HOUSE2  MJ  ROCK1  UPRG  REGG  90’s

BB3
弱い   2  HOUSE2  6  1  3  4  HOUSE1  5  ROCK1  HH1   強い

Shape
BSW :弱い  1  2  3  6  SOUL1  REGG1   5  4  Rock1  強い
BSL   :弱い   1  2  3  4  NS1     6  ROCK1  5                  強い
BSB  :弱い   1  2  3  4  HOUSE1  5                                強い

まとめ

い かがでしたでしょうか。正攻法で全うに痩せているので特別なウルトラQがある訳ではございません。が、正攻法の中でも、効果が出やすいやり方、出にくいや り方は必ずあります。

少しでも理想の身体に近づけるよう一緒に頑張っていきましょう。次回は実際にレッスンを受ける時のバイクセッティングや漕ぎ方につい て触れて行きます。

具体的な漕ぎ方やフォームについては

link

レッスン強度の詳細については

link

に書いていますので、是非そちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)