【4DX】劇場版艦これのネタバレなしレビュー

冬イベまっさかりな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。丙でまったりな提督も、E2のルートに困っている提督も、彩雲が減って鬱になっている提督も、是非4DXの艦これ観てきましょうよ!そんな記事を書いていきます。

2017年2月11日、劇場版艦これ4DXが上映開始しました!

という事で初日に早速観てきました。劇場版艦これを観に行ったのはこれで4回目。3回観に行った時点で書いたネタバレなしのレビューはこちらです。

今回は、4DXになった事で良くなった点、悪くなった点、その他前回書いていなかった見どころなんかについて触れていきます。

そもそも4DXって?3Dとは違うの?

3Dとは全く別の概念です。事実、今回の劇場版艦これは4DXではありますが、画面自体は2Dです。

4DXとは何かと言うと『映像に合わせて、座席が動いたり、風や水、さらには香り等が座席から出て来たりするシステム』の事です。ディズニーランドに行った事がある人であれば、スターウォーズのアトラクションをイメージすると非常に分かりやすいのではないでしょうか。

座席が動く、風が吹く、水しぶきが飛んでくる、香りがする、バブルが降り注ぐ、煙がスクリーンを包む、エアーが噴射される、フラッシュが光る、雨や雪が降る、嵐が吹く。公式によると、こんなに多くの機能があるようです。

艦これ4DXレビュー

艦これは4DXと相性がいい!

とにかくこの一言に尽きます。

『映像に合わせて座席が動いたり、水が噴き出す』という説明で察しがついた方もいるかもしれませんが、艦これにはこのような演出が栄えるシーンが多々あります。

特に、前回のレビューでも書いた通り、今回の劇場版では戦闘シーンの迫力が素晴らしい。艦娘が、深海棲艦が、スクリーンを所狭しと暴れまわります。戦闘が激しくなるにつれ、荒れる海面。着弾と同時に来る振動。大きな衝撃に荒ぶる波しぶき。その全てが実際の感覚となって視聴者を引き込みます。

他にも様々なシーンで4DXの機能を存分に堪能する事が出来ます。初めての4DXではありましたが、これだけ4DXを存分に活かせる映画は多くないのではないでしょうか。4DX前提で作られていた訳でもないのに!

映画というよりアトラクション

ただ、映画を純粋に楽しもうとするには若干動作がうるさいかもしれません。

私は4DX初体験だったのですが、艦娘のアクションに合わせて揺れ動く座席や、激しい戦闘シーンでかかる水しぶきやエアーにいちいち感動してしまっていました。凄く楽しく、凄く迫力があるのですが、映画が初見の場合「4DXに気を取られていて、映画の内容がいまいち頭に入らなかった」なんて事になるかもしれません。

劇場版の鑑賞が2回目以降なのであれば、ストーリーは事前に分かっている状態なので、存分に映画と4DXを楽しめるかと思います。

眼鏡VS水しぶき

艦隊これくしょん。名前の通り、艦隊の作品です。当然舞台は『海』です。4DXの水しぶきがその効果を遺憾なく発揮される、絶好のシチュエーションです。

しかし。

艦隊これくしょん。DMMのブラウザゲーです。プレイヤーはオタクです。プレイヤーは眼鏡です(言い切り)

眼鏡が濡れるんです!!!

激しいシーンでは結構な勢いで座席が動き、水が顔面目がけて飛んできます。眼鏡をしている提督ならお分かりかと思いますが、眼鏡って水に弱いじゃないですか。水滴や汚れがちょっとついているだけで意外と気になるというのは私だけではないはずです。

艦これと4DXは相性がいいかもしれませんが、オタク(眼鏡)と4DX(水)はいまいち相性がよくないのかもしれません。笑

私の1つ後列は見える限り全員眼鏡。私の右隣も数人眼鏡。戦闘シーンで水がかかった後、皆そろって眼鏡を外して一生懸命ふきふきしているのはちょっと面白かったです。もちろん、私もその眼鏡拭き隊の一員でしたがね。

4回目を観て気づいた事

というよりも、前回のレビューで書き忘れていた事。

原作ファンに嬉しい小ネタが多い

これは劇場版の結構な見どころだと思います。例えば『基地航空隊』や『練度』であったりと、原作にて使われる用語が多く出てきます。また、艦娘がダメージを受けた時の佇まいや攻撃動作に移る前の細かな所作が、原作の中破大破のポーズや立ち絵であったりと、ニヤっと出来るシーンが多く盛り込まれています。

大量に飛んでくるたこやきに「制空権が・・・」となったり、大型戦艦の大破姿に「資材が・・・」となったり、深海棲艦の戦艦が2隻並んでいるのに「道中突破率が・・・」となったり出来るのは原作をやりこんでいるからこそ!ゲームの絶望と鬱を映画でも味わえます!

アニメは艦これという題材をベースにして、オリジナル性を前面に出していたのに対し、今回の劇場版は原作ファンに寄って行った作品になっていると感じました。

とにかく行くべし!

なんだかんだ言って結論は前回と同じ『提督なら行くべき!』です。出来れば、普通に1回観た後に、4DXでもう1回。そんな鑑賞がいいのではないかと思います。

あと、今行けば時津風(と大和と天津風)のコースターが貰えます。時津風のコースターが貰えます。大事な事なので2回言いました。

今回の劇場は音質も良く(4DXだから?関係ない?)、時津風の『これとーこれとーこれとー』が良く聞こえてご満悦でした!この映画を観て、あなたも是非しれぇ勢に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)