超音痴からアカペラバンド結成レベルまで歌が上手になった私の練習法 ①1曲歌えるようにしてみよう – 2

前回の記事

li

の続きです。

全体像としては

目次
①1曲歌えるようにしてみよう
②やっぱり出てくる腹式呼吸と息の吐き方
③音域を広げ、声を強くしたいなら裏声トレーニング
④リズム感を鍛える

①1曲歌えるようにしてみよう
1.曲を選ぶ
2.徹底的に聞き込む
3.口パクで歌ってみる
4.鼻歌等で歌ってみる ⇒ 声を出して歌ってみる ←ココ
5.カラオケで練習する ←ココ
になります。

音痴だった私がアカペラを歌えるようになった実際の練習法、そのコアな部分をご紹介します。

4.鼻歌で、巻き舌で、指を2本咥えて、裏声で、歌ってみる ⇒ 声を出して歌ってみる

いずれも「喉の力を抜く」「口先だけで歌わないようにする」ためのトレーニングです。

鼻歌で歌う ⇒ その感覚を覚えたまま声を出して普通に歌う
巻き舌うで歌う ⇒ その感覚を覚えたまま声を出して普通に歌う
以下略
といったように、練習した感覚をそのまま普通に歌う時にも当てはめていく練習です。

1曲ごとではなく、ワンフレーズずつ何度も行いましょう。

鼻歌を歌う時のような口の空間と響きのポイントで巻き舌の時のように喉の力を抜き指を咥えている時のように喉の奥を空け裏声のように深い所からの発声で寝ている時のような腹式呼吸で歌えれば、完璧です(笑)

鼻歌で歌ってみる

ハミングでメロディーを歌う、という事です。コツは、口の中に水をため込んでいる時のように空間を大きく持つ、ハミングした時に鼻~目と目の間あたりにビリビリ響くように音を当てる、という点です。

「口を開けた発声でも響く場所を変えない」という感覚を掴むために

口を閉じてハミング
⇒目の間~鼻にかけてビリビリと響いているのを感じる
⇒その状態をキープしたまま口を開ける(んーーーあーーー みたいな感じ)

という練習も行ってみましょう。「あ」だけでなく、全ての母音で行ったり「んーーあーーれーーかーーらーー」と実際のフレーズで練習しみてるものいいですね。

巻き舌で歌ってみる

長く歌うのは結構難しいです。お腹の底から吐息を支えてあげないと上手に出来ないかもしれません。

巻き舌が出来ない際には唇をプルプル振るわせながら歌うのも効果があります。が、巻き舌は喉の力を抜く非常に効果的な方法ですので、是非練習してみてください。

指を2本咥えて歌ってみる

腹式呼吸、喉の脱力に非常に効果的な練習です。

じゃんけんのチョキの手の中指と人差し指をくっつけてください。それを縦にして前歯で軽く噛みます。口がやや縦に開いた状態になっていれば正解です。

まずはそのまま(噛んだまま)「あいうえお」と発音してください。口先だけで発音するともごもごしますが、お腹で声を出すイメージで発音すると、結構ハッキリと発音出来ると思います。その要領で母音で歌を歌います。口を縦にあける、口を広く使う、その感覚を身につけます。

「え」や「い」は普通に発音するとどうしても口の中の空間が狭くなりがちです。実際、指を咥えず普通に歌うと同じ広さはキープ出来ません。それでも、声はどこから出すのか、どのような口をキープしながら歌うべきなのかの感覚を掴めると思います。

裏声で歌ってみる

裏声は喉を脱力している状態で出せる声ですので、裏声で歌う事で理想的な喉の状態を獲得出来ます。また、発声練習として非常に優れており、私はこの練習で音域を広げる事が出来ました。

まずは裏声で「あー」と発音してみてください。高さは問いません。次は「あー」と「伸ばしたまま」音程を下げていってください。

慣れてきたら「あー」と伸ばしたまま音を下げ、また上げ、また下げと繰り返してください。(ただし、早く上げ下げするよりも、丁寧にゆっくり上げ下げする方が大切です。)この練習をひたすら行います。

特に「これ以上裏声で出ないよ」というのを何処まで下げられるか、というのが非常に重要です。低くなればなる程裏声っぽくはなくなりますが、声の響かせ方や喉の使い方は裏声のまま下げていけるようになります。(勿論、地声と比べてみると響いた感じの音色になります。)

これが出来ると喉の脱力が上手になり、更に地声と裏声の境目がなくなってきて、高音をキレイに出せたり、ファルセット、ミックスボイスといった上級テクの習得が早くなります。

また、裏声の幅が広くなれば1曲まるまる裏声で歌う事も出来るようになってくるので、裏声で歌う練習をして下さい。力強さは不足しますが、キレイに、響きが大きい状態で歌えるかと思います。そしてその感覚を維持したまま地声で歌ってみてください。練習を始めた頃よりも、ずっとずっと上手になっている事でしょう。

今回の記事の中でも、個人的に最も効果のあった練習法です。是非、気長にコツコツとチャレンジしてみてください。

5.カラオケで練習する

バンドを組んでいたり、学園祭等がない限りは、カラオケが所謂「本番の場」となるでしょう。一番の実践形式の練習です。

音量を適正にする

ガイドメロディー(+採点)を使う
で練習した通りの歌い方で歌ってみる

という点に気を配ってみてください。

音量を適正にする

BGM やや小さめ
エコー 完全に0
マイク デフォルト

というのが基本です。マイクについてはマイクを口から拳1個分離したうえで、無理なく歌った際にきちんとスピーカーからの自分の声を認識出来るレベルに設定してください。

カラオケで聞くべきはスピーカーからの音です。自分の口から出ている音ではありません。自分の口から出ている音は「自分が発した音」と「自分の体内を伝わってきた音」の両方があり、特に体内を伝わってきた音は実際に鳴っている音と違う事が多々あります。録音した声を聴いて死にたくなる現象はここから来る物です。あくまで「本当に外で鳴っている音」に耳を傾けるため、スピーカーを通した音を聴きましょう。

スピーカーを通して聞こえる自分の声とBGMの音程がマッチしているかを聴くため、BGMをぐっと絞る事はしません。しかし、第一に認識すべきは自分の声ですので、BGMを若干落として声を聴きやすくします。

エコーは自分の声をぼやかしてしまうだけなので、練習の際には百害あって一利なし。0まで落としましょう。

ガイドメロディーを使う

見えるガイドメロディー
ガイドメロディー音量を大に設定

どちらも使ってください。JOYSOUNDの分析採点、DAMの精密採点を同時に使うとなお効率が良いです。ただし、採点には音程以外の項目も多々あります。音程とリズム以外について気にするのはもう少し練習を積んでからです。まずはひたすら音程とリズムについて集中しましょう。

採点を使うと、その時歌った歌が録音されており、歌い終わった後に再生する機能が付いているかと思います。是非すぐに確認してみてください。その際のポイントは

自分のイメージ通り歌えているか
⇒歌えていない部分をテンポを落として4の各種練習を行う。

イメージ通りなのに見えるガイドメロディーとズレていないか
⇒聞き込みが足りない可能性があります。CDのボーカル音源をきちんと覚えていない、という事です。前記事「超音痴からアカペラバンド結成レベルまで歌が上手になった私の練習法 ①1曲歌えるようにしてみよう」の「2.徹底的に聞き込む」から再確認です。

4で練習した通りの歌い方で歌ってみる

ハミングで歌ったり、裏声で歌ったりしてみる、という事です。いざカラオケで歌うとなると、結局いつも通りの歌い方に戻ってしまいがちです。練習した事を思い出し、あくまで4でやった事をマイクを持ってカラオケという場で歌うだけ、という事をしっかりと意識しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回記事にまとめたのは、かなり初心者向けな内容です。ビブラートやミックスボイス等のテクニックは基礎がある程度しっかりしてからの練習で遅くありません。まっすぐ声を出してあえてビブラートをかけているのか、ふらふらした息遣いなのかわからないビブラートを身につけても仕方ありません。ヘロヘロな裏声みたいなミックスボイスを出しても誰も褒めてくれません。まずは基礎固めからしっかり取り組んでみて下さい。

超音痴からアカペラバンド結成レベルまで歌が上手になった私の練習法 目次

①1曲歌えるようにしてみよう
①1曲歌えるようにしてみよう – 2
②やっぱり出てくる腹式呼吸と息の吐き方
③音域を広げ、声を強くしたいなら裏声トレーニング
④リズム感を鍛える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)