男性がマメに連絡出来ない理由とは

前回「男性がLINEが苦手」という事を書きました。(↓の記事です)

link

でもそれにしたって、好きだったらもう少し連絡取りたいとか思わないの?挨拶とかくだらない一言のLINEくらいだったら送ってくれてもいんじゃないの?

そう思われる方も多いかと思います。

実はこれ、男女の根本的な人間関係の作り方に大きな影響を受けています。今回は「なぜ女性は連絡を取りたがり、んぜ男性はマメに連絡しないのか」という疑問にお答えします。

連絡の頻度に関する男女の考え方

連絡の頻度に対する女性の考え方

久しぶりに同性の友人に会った時、どんな会話をしていますか?

「久しぶり!ゴメンね、連絡してなくて」

女性の方であれば、こんなセリフを言ったり言われたりした事はあるのではないでしょうか。

では「なぜ(何に対して)謝っているのか」と考えた事はあるでしょうか。

(いろいろな解釈はあるでしょうが)これは「親しい人や大切な人とは頻繁に連絡を取り合って当たり前」という前提で考えるとしっくりきます。

つまり「あなたは大切な人で、本来であれば連絡を頻繁に取るのが当然なのに、それをしていなくてゴメンね。あなたの事がどうでもいい訳じゃないんだよ」と言っているのです。

実際、LINEやメールの履歴を見ると、親しい順に並んでいるなんて事も間々あるかと思います。

「いやいや、それは拡大解釈でこじつけでしょ!」「別に言葉の流れで謝ってるだけで、連絡の頻度とその人の大切さをリンクなんてさせてないし」と思いますか?

本当にこじつけなのでしょうか。誰しも意味なく言っている適当な「ゴメンね」なのでしょうか。男性の例を見て考えてみましょう。

連絡の頻度に対する男性の考え方

男性が久しぶりに同性の友人に会った時には

「よ、久しぶりだねー。5年ぶり?とりあえず飲み行くか」

これだけです。

ゴメンンねなんて言いません。だって、謝る意味も必要もないんですから。会って数秒で5年前の関係に戻ります。戻る、というのも適切ではないかもしれません。

ただ会う感覚が毎日か5年おきかになっただけで、2人の関係は何一つ変わっていないんです。謝る要素、ありませんよね。

男性にとって、連絡の頻度や会う回数はその人の大切さと比例する物ではありません。これは非常に重要なポイントで、女性にとって理解しがたい男性の一面と言えるでしょう。

LINEの履歴を見てみたって、順番はあくまで「用事があった順」です。どれだけ親しくて大切な友人家族恋人でも、それが直接連絡の回数には繋がりません。用事がなければ、親友のLINEも遥か画面下まで埋もれていきます。

ここから生じるすれ違い

この男女の違いを理解していないと女性は「彼は私に全然連絡をくれない」「連絡をくれても、連絡が遅れた事や頻度が低い事を気にもしていなさそう」「つまり私は大切じゃないんだ」とどんどん不安になってしまいます。

男性としても「ちゃん明日のデートには間に合うように場所や時間の連絡はしたのに、何でこんなに不機嫌なの?俺が悪いの?」と何が何だか分からなくなってしまいます。

まとめと対策

これはもう「お互いがお互いを理解してよっとずつ歩み寄る」という他ないかと思います。

直接言うのが難しかったら「このページいい事書いてる!私こう思っちゃうんだけど読んでみて」なんてお願いするのも手かもしれません。

お互いがお互いを大切に思っているのに、男女の違いを知らないがために起こるすれ違いはたくさんあります。それを学ぶのには

link

楽天

この書籍がお勧めです。

男性女性それぞれの持つ思考や行動についてわかりやすく解説されており「ああ、女性が怒っていたのはこういう事なんだ」「男性が何かに悩んでいる時にはとにかく放っておく事がなにより大事なのね」と非常に多くの気づきを得る事が出来ます。

「自分はこうされたら嬉しいから、きっと相手もそうだろう」の考え方では絶対に辿り着かない、本当の男女関係の作り方が学べます。

世の中の全ての男女に読んで欲しい。そうしたらもっとお互いを理解し、尊重し、幸せな恋愛が出来るに間違いない。そんな一冊です。私は著者のジョングレイさんの書籍を全て買って読んでいますが、断然お勧めです。

変な恋愛テクニックの本や教材に手を出したり、ネットの情報に惑わされる前に、是非一度お手に取ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)