【保存版】『伊勢神宮参拝きっぷ』をフル活用してお伊勢参りして来たので、その便利さや使い方を解説します!

お伊勢参りをするのにめちゃくちゃお得で便利な『伊勢神宮参拝きっぷ』

実際使ってみた感想は

Fuji

最初は内容が良く分からなかったけど、帰って来た今は「絶対使うべき」と断言出来る!

という感じ。

という事で今回は

  • お伊勢参りをしたいけど、どうやって行ったら一番得なの?
  • 公式HPや旅行誌を見ても内容がイマイチ分からないんだけど…
  • 買い方や料金は?

などといった事をいっぺんに解決出来るよう、まとめていきます。

※記事が大変長くなってしまいますので

  • 具体的にどの券をどこに出すの?
  • JRやバスの乗り方、本数は?

などといった「当日の使い方」については別記事にてまとめていきたいと思います。(執筆中)

という事で、当記事は「伊勢神宮参拝きっぷを知る」という事にフォーカスしてお届け致します。

伊勢神宮参拝きっぷの概略

まずは伊勢神宮参拝きっぷのおおまかな内容からご説明します。

伊勢神宮参拝きっぷで受けられるサービス内容の概略は以下の通り。

  1. 名古屋や大阪から伊勢までの特急券(往復)
  2. 伊勢周辺の近鉄電車3日間乗り放題
  3. 上記乗り放題のうち2回だけ特急を使える
  4. 三重交通バス3日間乗り放題
  5. 志摩周辺→伊勢のシャトルバス乗車券片道1回分
  6. オリックスレンタカー30%オフ

いつ、どこで、いくらで買えるの?

伊勢参拝きっぷは

  • 乗車開始日の1ヶ月前~前日まで
  • 各出発駅 or お近くの近畿ツーリストで
  • 5,900円、または6,600円(小学生半額)

で買う事が出来ます。詳細は以下の通りです。

買う場所の詳細

実は上に書いた場所以外でも

  • JTB
  • 日本旅行各グループ
  • 農協観光の主要支店・営業所

などでも買う事が出来るのですが、追加で手数料を取られる可能性があります。せっかくお得にきっぷを買おうとしているのに無駄な料金が発生してしまっては元も子もありませんので注意してください。

料金の詳細

料金については「どこからの特急で伊勢に向かうか」で変わります。

下の図の

  • 緑の区間から出発なら5,900円
  • ピンクの区間から出発なら6,600円

です。

買う時に

  • 出発日
  • どの区間からの出発か(緑区間 or ピンク区間)

を聞かれますので、きちんと決めてから買いに行きましょう。

申込日に貰える物は

私は近畿ツーリストの窓口にて伊勢神宮参拝きっぷを購入したのですが、ここで貰ったチケットをそのまま使う訳ではありません。

「当日使う乗車券の引換券」を貰うイメージです。

※具体的な使い方については、別記事にてまとめていきますので少々お待ち下さい。

 

ここからは、先ほど紹介した

  1. 名古屋や大阪から伊勢までの特急券(往復)
  2. 伊勢周辺の近鉄電車3日間乗り放題
  3. 上記乗り放題のうち2回だけ特急を使える
  4. 三重交通バス3日間乗り放題
  5. 志摩周辺→伊勢のシャトルバス乗車券片道1回分
  6. オリックスレンタカー30%オフ

について詳しく見ていく事としましょう。

内容①名古屋や大阪から伊勢までの特急券(往復)

伊勢神宮参拝きっぷは、伊勢周辺を回るための交通機関以前に

  • そもそも三重県に来るための特急券代
  • その帰りの特急券代

が含まれています。

具体的には下記マップの「緑」と「ピンク」の駅がスタート地点となります。

私の場合は北海道から中部国際空港まで飛行機で飛んで、名古屋まで行き、そこから伊勢参拝きっぷの出番という形でした。

名古屋までは実費だけど、そこから先は伊勢参拝きっぷで全て移動可能。という感じです。

特急指定席ですから事前に席の予約が必要です。これには

  1. 当日、駅の窓口で指定席の申し込みをする
  2. 伊勢参拝きっぷ購入時に指定席も申し込みしてしまう

という2パターンがありますが、飛行機の時間や他の交通機関の遅れなどもありますので1の方がベターかと思います。(特急が何本も売り切れという事も滅多にないでしょう)

また、行きの駅と帰りの駅は違ってもOKのようです。あまり使う機会はないかもしれませんが、興味がある方は近畿ツーリスト等に問い合わせをしてみてください。

内容②伊勢周辺の近鉄電車3日間乗り放題

近鉄が松坂~賢島間乗り放題!

と言われても、正直全くピンと来ませんでした。

Fuji

有名な駅なのかもしれないけど、道民にはあまりに馴染みがなさすぎる!

そもそもJRと近鉄が違うという感覚もないですし(どっちも鉄道じゃん!)、何駅が近鉄で何駅がJRかとか何度聞いても覚えられません。

と言う事で

Fuji

具体的にここからここが乗り放題だよ!

というのをまとめてみました。

それが、こちら!

どん!

観ての通りめちゃくちゃ広いです。

随分海沿いに偏っているように見えるかもしれませんが、南西の方はほとんど山林なので、ほとんど端から端まで移動できると思って差し支えありません。(内宮や二見などについてはバスのところで触れていきます)

内容③上記乗り放題のうち2回だけ特急を使える

②で見て頂いたとおり、移動可能距離がめちゃくちゃ長いです。

松坂から賢島は鈍行だと1時間半ほどかかります。

ですので、長い距離を移動する際には特急を使っていく事になります。

特急で止まるのは下の地図で「番号が黄色」になっている駅です。

  • 松阪
  • 伊勢
  • 宇治山田
  • 五十鈴川
  • 鳥羽
  • 志摩磯部
  • 鵜方(うがた)
  • 賢島

ですね。

特急だと松阪~賢島も1時間丁度で着くくらいの短縮になります。

この特急券が2枚付いてきます。

往復にしても良いですし「復路は急がないし」という事であれば、朝の移動で2回つかってもOKです。

使う直前に窓口で座席予約すれば良いので、旅行前に決めずとも柔軟に利用できます。

Fuji

私は夜、松坂に焼肉を食べに行くのに使いました!

内容④三重交通バス3日間乗り放題

近鉄で大きな移動は出来るのですが、伊勢神宮内宮、猿田彦神社、月読宮などは駅からだいぶ離れています。

そこで必要になって来るのがバスでの移動です。

バスのルートは以下の通り。

  • 外宮内宮線(内宮~外宮)
  • 伊勢市内線(伊勢市駅前~浦田町)
  • CANばす(宇治山田駅~内宮前)
  • 御座線(伊勢市駅前~浦田町)
  • 宿浦線(伊勢市駅前~浦田町)

旅行前から全部を把握するのは大変なので、押さえておくべきポイントをご紹介します。

バス移動のポイント①内宮へはバスで行く!

  • 伊勢駅~外宮は歩きで5分くらい
  • 伊勢駅(or 外宮)はバス移動が基本
  • 上記バスは15分間隔くらいでは出ている

というのをざっくり掴んでおきましょう。

時刻表は【NAVITIME(外部リンク)】などで事前に確認する事が可能です。「どれくらいの感じで出ているのか」「どれくらい時間がかかるのか」など一度確認してみてください。

バス移動のポイント②志摩の方はフリー区間外!

  • 御座線(伊勢市駅前~浦田町)
  • 宿浦線(伊勢市駅前~浦田町)

については、終点が浦田町となっているのに注意。

あくまで伊勢市内の移動にしか使えません。

というより「外宮 ⇔ 内宮」(+その周辺の駅や神社)を移動するためだけの手段と考えておいた方が良いでしょう。

バス移動のポイント③浦田町=おはらい町の端っこ!

 

浦田町ってどこ?

という事についてですが、浦田町は内宮の目の前にある「おはらい町」の端っこです。

ほとんどの人は伊勢神宮の参拝後に、目の前のおはらい町(とその中のおかげ横丁)を見て回ると思います。

そのおはらい町をまっすぐ抜けた先にあるのが「浦田町」です。ですので

  1. 内宮を見て、おはらい町を見て、同じ道(おはらい町)を引き返して、内宮からバスで伊勢駅に帰る
  2. 内宮を見て、おはらい町を見て、その先にある浦田町から伊勢駅に帰る

と選ぶ事が出来ます。

内容⑤志摩周辺→伊勢のシャトルバス乗車券片道1回分

リゾートホテルは志摩の方に固まっています。

お伊勢参りだけを目的としていれば伊勢周辺でホテルを取るのが良いのですが、幅広く観光したいという事であれば志摩の方に宿泊される方も多いでしょう。

伊勢神宮の内宮に行くには

  • 賢島 ⇒ 伊勢市(近鉄特急で46分)
  • 伊勢市 ⇒ 内宮(バスで20分)

と乗り継ぎが必要で、その接続次第では結構な時間がかかってしまいます。(もちろんホテル最寄りの近鉄駅までの時間もプラスされますし)

そこでこのパールシャトル(ホテルの目の前から内宮に直接行けるシャトルバス)が非常に便利な移動手段となります。

1日2往復しかしていませんが、時間さえ合うのであれば是非利用したい所です。

事前予約が必要なので【パールシャトル 公式HP】から予約をしておきましょう。

時刻表は【公式HP】をご確認ください。

Fuji

私は伊勢市駅前に宿泊して、神宮巡りを旅行の目的としていたので全く使いませんでした。 伊勢市駅前に泊っていても、賢島の水族館なんかに行きたい時には使えるかもしれませんね。

内容⑥オリックスレンタカー30%オフ

今回私はレンタカーを使っていませんので、チケットは未使用です。

伊勢市駅からすぐのホテルを使ったので、交通機関とタクシー移動でなんら不自由はしませんでした。

それ程大きな渋滞があったようには感じませんが、内宮の駐車場だけは要注意かも。大型立体駐車場は午前中から満車となっていました。

  1. 近鉄松阪駅前店 TEL:0598-52-0577[8:00~20:00※土休日は8:30〜18:30]
  2. 伊勢市駅前店  TEL:0596‐20‐5543[8:00~20:00]
  3. 近鉄宇治山田駅店 TEL:0596-28-0295[8:00~20:00]
  4. 近鉄鳥羽駅前店 TEL:0599-25-3929[9:00~18:00]
  5. 近鉄鵜方駅前店 TEL:0599-43-1098[8:30~18:00]

上記5支店で利用可能。

  • 要事前予約
  • 各営業所にて乗り捨て可能
  • カーナビ付き

となっています。車両手配もありますので、日程が決まったら一度電話して詳細を確認しておきましょう。

まとめと補足:伊勢神宮参拝きっぷの良くない点は?

実際に伊勢神宮参拝きっぷを使ってみて、良くない印象を持ったのは

  • わかりにくい
  • 誰も丁寧に教えてくれない

という所に尽きます。

ですので「そこを少しでも分かりやすく紹介出来たら」と思い記事を書いてみました。

不明点や、もっと詳しく知りたい事があればコメントしてみてください。お答えできる事はお答えさせて頂きます!

是非、良いお伊勢参りを堪能してきてくださいね。

追記:二見輿玉神社や朝熊岳金剛證寺には行けない

伊勢神宮参拝きっぷは「伊勢中心街~内宮エリア」を網羅する切符で、そのエリアから若干外れる二見輿玉神社や朝熊岳金剛證寺まで行く事は出来ません。

しかし、伊勢参拝を行うにあたってはどちらも外せないスポット。

二見輿玉神社に行かないと伊勢神宮に行けませんし、朝熊岳金剛證寺に行かないと伊勢参拝は終わりません。

以下の記事にてそれぞれまとめていますので、こちらもご覧になってみてください。

お伊勢参りは「二見輿玉神社」から!伊勢神宮より先に行くべき理由、行き方、周辺スポットを紹介! 朝熊岳金剛證寺朝熊岳金剛證寺に行かなければ「お伊勢参り」は終わらない!ベストなコースと交通機関は?

2 Comments

アバター しろ

こんばんは。
この切符は往復利用が前提とは思いますが、関西エリア往復分と名古屋エリア往復分を1セットずつ購入し、行きは関西から、帰りは名古屋へ2名で利用することは実際できるのでしょうか?

返信する
アバター Fuji

>しろさん
コメントありがとうございます。お返事遅くなってしまいすみません。
理屈としては可能でしょうが
・関西からでキップ購入
・名古屋へは普通にチケット購入
という形の方が得になるのではないかと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)