「シャークネード1」は至高のB級サメ映画!(ネタバレなしレビュー)

わざわざシャークネードのレビュー記事を見に来るなんて、あなたも随分物好きですね。

十中八九

  1. B級映画好き
  2. サメ映画好き
  3. クソ映画好き
  4. 知的風ハットさんが好き
  5. ラストチェーンソーを見る予習として

この5つのうちのどれかだと思いますが。

※11月4日ラストチェーンソー観てきました!

ラスト

何はともあれせっかくのご縁です。シャークネードがいかに多くの人コアなファンたちに愛されているか、見ていきましょう!

シャークネードってこんな映画!

早速ですが、まずは予告編の動画からどうぞ。

いかがでしたか。

  
普通にパニック映画ぽいじゃん

と思ったあなた。

大間違いです。

「シャークネードはコメディ映画」と思っておく事を強くおすすめします。

一見すると「ハリケーン×サメ」と「脅威×脅威」なセットで話が展開しているように見えるかもしれません。

しかし、細やかな設定やそれを活かした結末が準備されている訳ではなく

監督
ハリケーンにサメ乗ってたら最強じゃね?

という「カレーは美味しい。メロンも美味しい。なら混ぜたらもっと美味しいはず」くらいのノリと勢いで作られている映画です。

やりたい事と思い付いた事を盛り込んだ作品

そんな「ノリと勢い」だけで作られているシャークネードですが、その「ノリと勢い」が実にハンパない。

ノリと勢いだけで5本もの映画を作り、最終章である6本目の映画に至っては4DXで上映されるというのですから、その凄まじさは折り紙付きです。

その内容ですが

監督
ハリケーンだし、大きい観覧車とか転がしちゃう?
監督
こんなキャラ出したいから出してみた!
監督
出番終わったからサメに食べさせてみた!
監督
人類側の対応?とりあえず爆発さればいいんじゃね?

※いずれも予告編で見られる部分

といった感じで、物語の整合性や理由付けは二の次です。(二の次というか説明はされません。感じるのだ)

なので、きっちりと物語性や設定を追いたい人には絶望的に向いていないので、そこは覚悟しておきましょう。

また、見せ場だけをひたすら繋いでいったような構成なので結構退屈はしないです。ただ観ててめちゃくちゃ疲れます。笑

 

「これ本当に映画って言えるの?」

なんて思う人もいるかもしれませんが、これが「アサイラム制作、アルバトロス配給」の映画の通常営業です。

個人的には「クソ映画」を超えてしっかり「バカ映画」として楽しめる作品になっているかと思います。

まだまだ予算は少な目で、最近の作品と比べれば派手さは劣りますが、それでも十分に見る価値アリな一本です!

シャークネードはここで観られる!

1つだけシャークネードに問題があるとすると「マイナーすぎてレンタルショップで見つかりにくい」という点です。

特にシリーズ3の「エクストリーム・ミッション」はマジで大変だった…

調べた限り、シリーズ全作が揃っているのは【U-NEXT】くらいではないかと思います(私は市内のツタヤとゲオを渡り歩き続けました)

※天下のAmazonのプライムビデオではシリーズ4,5のみ対応。ツタヤオンラインでもシリーズ2,4,5のみ対応等と妙な取り扱い方になっています…近々「どの動画サイトで、どのシリーズを見られるか」まとめますね。

U-NEXT公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ちょっと見てみたいかも」なんて思って頂けたでしょうか。

予告編の最初に「アメリカ放映時に脅威の387,000ツイートを記録!!」とありましたが、放送当時、監督や出演者をはじめの誰一人が成功を確信しておらず、ツイッターを見て「一体何が起こっているんだ」と困惑したというエピソードがあります。

制作陣がそれ程の自信を持って世の中に送り込んだシャークネード、一度見てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)