【Feelcycle】立ち漕ぎ(ポジション3)のコツを掴んで上手に痩せよう!

Fuji

上手に痩せる立ち漕ぎの方法を教えます!

Feelcycleの質問で多いのが

Feel女子

どうやったら上手に立ち漕ぎが出来ますか?

というもの。

今回は

  • 自分が上手に立ち漕ぎ出来ているかのチェックポイント
  • より効果を引き上げる、綺麗な立ち漕ぎのポイント

について紹介していきます!

「誰にとっても100%正しい方法」はありません。あくまで「こうした方が効果が上がりやすい、フォームが安定しやすい」といったものだとご理解ください。

全てを取り入れるのではなく、やってみてしっくり来た部分を上手に取り入れて、より楽しくよりスタイルアップするFeelcycleライフをお楽しみください!

こんな立ち漕ぎをしてしまっている人は要注意!

まずは自分が正しく漕げているかのチェックをしてみましょう。

以下のようなポイントに当てはまる方は漕ぎ方を見直す必要があるかもしれません。

  • ポジション2の時と同じくらいしか負荷を感じない
  • お腹周りの筋肉がゆるんでいる
  • 腕をぴんと伸ばしている
  • 腕に力が入って、腕で体重を支えている
  • スピードが上がるとついていけない
  • スピードが上がると身体がブレる

いかがでしょうか。

いまいち想像できない方は次のレッスンの時にチェックしてみてください。

より効果の上がる、綺麗な立ち漕ぎの方法はこれ!

気を付けるべきポイントはポジション2の基本姿勢とほとんど一緒です。

中でも

  1. 軽く身体を丸めて、しっかりと体幹で身体を支える
  2. 腕は軽く脱力してハンドルに添えるだけ

この2つのポイントが重要。

立ち漕ぎになると、ついつい前傾姿勢になって腕に体重をかけがちですが、きちんと体幹を使えていれば腕の力はほとんど必要ありません

なんとなくインストラクターやバイクレーサーを意識して、前傾姿勢を取っている方も多いかもしれません。

しかしインストラクターは「魅せる」動きをしていますし、ロードレーサーは専用のバイクでスピードを追求しています。

エクササイズで効果を出す事を追及したフォームではありません。

 

また、この基本姿勢をキープするためには「身体を左右に振りすぎない」というのも重要になってきます。

あまり大きく身体を振ってしまうと体幹で支えるのが難しくなってきます。

身体自体を左右に動かすのではなく、腰をひねって足に体重をかけるイメージで漕いでみてください。

ホバーまでいかないくても良いですが「腰の位置はあまり動かない」という意識が基本になります。

 

きちんと体幹を使って漕ぐことが出来れば

  • ポジション2の時よりお腹周りの筋肉(体幹)を使っている
  • 腕は脱力し、ハンドルに軽く添えるだけ
  • スピードが上がっても身体全体が安定している

という状況になるかと思います。

エルボーダウン、バックトゥアップに要注意!

ポジション3で行うコリオの中でも要注意なのが、エルボーダウンとバックトゥアップです。

この2つのコリオは、きちんと基本姿勢を守りながら行おうとすると負荷がめちゃくちゃ増加します。

注意すべきポイントや、意識の持ち方について確認してみましょう。

エルボーダウンは腕立てじゃなく腹筋!

これはポジション2にも共通して言える事ですが、エルボーダウンなのに腕の力を使っている人が多すぎます!

エルボーダウンは

  • お腹を縮めたら上半身が下がる→腕も一緒に下がる
  • 姿勢を戻したら上半身が上がる→腕も一緒に上がる

という動作であり、腕をクイクイ上下に動かす運動ではありません。

エルボーダウンは体幹にダイレクトに効く動作であるため「基本姿勢を維持する」のと「きちんと腹筋に効かせる」を両立するには結構なエネルギーが必用です。

身体を縮めた時に自分のお腹を触って、腹筋が固くなっているかどうかをきちんと確認してみましょう。

バックトゥアップ

ポジション3でのバックトゥアップのポイントは「戻る動作」です。

腰を落とした姿勢から元の姿勢に戻った時に反り腰になっていたらアウト

体幹を使わず、腕や足の力で楽をしてしまっています。

非常に難易度は高いですが、後ろから戻った時に基本姿勢になれるような形であればベストです。

そのためには腰を引いている時はもちろん、戻る動作の時にもきちんと腹筋に力を入れ、体幹全体で身体を起こすよう意識をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)