「通勤講座」で勉強中なので、リアルな体験談を書いてみようと思う

通勤講座

ざっくりこの記事の内容は
① 通勤講座を実際に受けた感想
② 通勤講座のメリットデメリット

 

「通勤講座」とはスマホの手軽さを最大限に利用した、最先端の勉強ツール。

具体的には

  • スマホで講義動画を視聴する
  • スマホで問題を解く
  • スマホで「赤シート」を利用した暗記をする(税理士論述用)

などといった事が可能で、しかもそれぞれに「通勤程度の時間でも切れが悪くならない工夫」があちこちに仕掛けられています。

計算問題や筆記問題など、スマホだけでは定着しにくい部分については「机の前で解く用の問題」も付いています。

では、通勤講座の内容についてもう少し詳しく見ていきましょう。

ぶっちゃけ、通勤講座を選んでよかった?

Fuji
はい、選択は正しかったと思います!

今回私は、通勤講座の

  1. 税理士(簿記、財表)
  2. 税理士(法人税)

の2つを同時受講しています。

他の専門学校で受講した事があるのは

  1. TACの公認会計士講座:不合格
  2. LECの公認会計士講座:不合格
  3. 大原の税理士(消費税):合格

の3つです。

会計士を諦めての税理士受験です。その辺りは触れないであげてください。

TACや大原と比べて受講料が非常に安いので、クオリティに不安を抱いていたのですが、内容として決して劣っているようには感じていません。

むしろ暗記ツールとしてのクオリティは通勤講座の方が上とも言える程です。

逆にイマイチだったの部分も勿論あります。

通勤講座が良かった点、イマイチだった点を紹介していきます。

通勤講座が良かった点

授業が細切れになっている

「通期講座」のその名が示す通り、通勤時間のような「スキマ時間」にマッチした構成となっています。

1つの講義は30分~1時間ですが、さらにその講義自体が3~6個程の小単元に分かれています(動画自体が分割されています)

そのため、1駅2駅でも切りよく講義を受講する事が出来ます。

演習ツールが充実している

通勤講座のサービス面において、最も充実しており最も重要なのが「演習ツールが充実している」という点です。

通勤講座では、講義ごとにその単元の演習問題集が準備されています(もちろんスマホで回答出来るように作られています!)

講義を1つ視聴した後、その記憶が新鮮なうちに問題を解く事で記憶の定着を図ります。

さらに

  • 正当率が出るため、苦手な分野だけ繰り返す事が出来る
  • 問題ごとにメモを残す事が出来る
  • 問題の出題順をランダムにする事も出来る
  • 演習回数が分かる
  • もちろん、1回あたり数分のコマ切れ時間で完了!

と機能が充実しており、効率的に勉強が出来ます。

また、税理士試験をはじめとする「難関資格」においては、これと別に「机で勉強する用演習問題」も準備されているので

いやいや、スマホだけで完結するような問題じゃないんだよ

という心配は無用。

きちんと各資格試験ごとに「合格までに必要な演習内容や演習方法」がカスタマイズされ、準備されています。

「講義、テキスト、演習」全て揃ってこの安さ!!

そして実際のところ、通勤講座の1番の魅力は「圧倒的な低価格」!!

先ほど書いた通り、私は今

  1. 税理士(簿記、財表)
  2. 税理士(法人税)

の2つの講座を受講しています。料金は合計129,960円です。

これと同様のコースをTACで受講しようとすると、その料金はなんと481,000円。

その差なんと351,040円!!!

安かろう悪かろうでは何の意味もありませんが、むしろ優れている面もあるくらいの充実っぷり。どちらでも合格出来るなら、当然安い方を選びますよね。

大手専門学校との比較については別記事にてご紹介します。

通勤講座 公式ページ

通勤講座がイマイチだった点

テキストと問題集もWEB上にアップされている

「スマホで見られる!」が売りではあるのですが

Fuji
テキストと問題集はやっぱり紙がいいなー

というのが、受講しての実際の感想です。

税理士試験は1科目当たりの必要勉強時間は400~800時間、講義の総時間も120時間にのぼります。

そのため、テキストや問題集の量も膨大。ふと

Fuji
あの範囲のテキスト確認したいな

と思っても、なかなか簡単にいきません。

1問にかける時間も長いので、スマホが暗くなったり消えたりでは回答が全然進みません。

問題集に書き込みをしながら何週も回すのが私のスタイルなので、これまた紙でないと勝手が違います。

私と違い

  • 簿記のように、それ程ボリュームがない
  • パソコンやタブレットで大画面で見られる
  • スマホが一番慣れているから、それさえあれば十分

という方は心配無用かもしれません。

印刷 or 書籍購入がオススメ

私のように「紙で持っていた方がやりやすい!」という方には

  • 自分でPDFを印刷する
  • 問題集やテキストを1冊普通に購入する
  • オプションの「テキスト、問題集印刷サービス」を利用する(科目によるようです)

という方法をオススメします。

印刷環境があり、ページ数もそれ程多くないのであれば自分で印刷してしまうのが一番です。

  • 印刷環境がない
  • 税理士のように、ページ数が果てしない

という事であれば、市販の書籍を1冊だけ購入しましょう。

基本的には通勤講座で十分の情報を得られるので、あくまで「すぐに使える辞書替わり」くらいの位置づけとしての1冊でOKです。

まとめ

通期講座は、現代の生活スタイルに非常にマッチした効率的な勉強方法です。

下記ページから、無料登録(初回のテキスト、問題、講義を一通り見る事が出来ます)が可能です。

まずは一度、実際に受講してみてください!

通勤講座 公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)